◎埋蔵金関連書籍一覧

 わが国の埋蔵金研究の第一人者であった畠山清行氏。 畠山氏亡きあとも、数々の埋蔵金関連書籍が発刊されてきたが、 その多くが、今も畠山氏の著作をベースにしているというのが現実だ。
 というのも我が国の埋蔵金伝説は、伝承、言い伝えのたぐいがほとんどで、古文書といった実証できる証拠が残っているものはごくわずかで、多くの「真実」は、歳月の中に埋もれていってしまう性質のものだからなのだ。
 徳川幕府の埋蔵金など、かつては、実際におじいさんから聞いたとか 古老の話を聞いたことがあるなど、伝承を口にする方々が実在したが(事実、畠山氏はそういう口伝をもとに調査、取材を行っていた)、いまやそういった証人は全く期待できないのが 現状なのだ。
 ただ、情報化、ハイテク化時代の中にあって、かつては埋もれてしまっていた貴重な資料が新たに発見される といった、可能性もなきにしもあらず。
 また、埋蔵金探しのバイブルといえる畠山氏の著作『日本の埋蔵金』(番町書房 昭和48年)や 同じく『新・日本の埋蔵金』(番町書房 昭和54年)などがすでに絶版(当時の出版社自体が存在しない)となってしまった今、 それをベースに新たな新事実で補強した新刊にはそれなりの存在価値があるといえるだろう。
 ちなみに、『日本の埋蔵金』は国立国会図書館で閲覧できるはず(かつてはできたが現在は未確認)なので、埋蔵金に関心をお持ちの方は一読をおすすめしておく。貴重本なのでくれぐれも大事に!!

  1. 『埋蔵金物語』      (秋鹿 英←畠山清行著/紫文閣/ /昭和14年)
  2. 『埋蔵金秘帖』      (角田喜久雄著/光風社/290円/昭和32年)
  3. 『日本埋蔵金物語』   (小島謙太郎著/第二書房/ /昭和32年)
  4. 『死海の宝発掘記』   (アナー著 白木茂訳/講談社/ /昭和33年)
  5. 『黄金の罠』        (角田喜久雄著/同光社/ /昭和34年)
  6. 『ルポルタージュ埋蔵金物語(一)』(畠山清行著/人物往来社/350円/昭和36年)
  7. 『ルポルタージュ埋蔵金物語(二)』(畠山清行著/人物往来社/350円/昭和36年)
  8. 『宝を探せ』        (トーマス・ヘルム著 井上一夫訳/荒地出版社/ /昭和36年)
  9. 『東京埋蔵金考』     (角田喜久雄著/雄山閣/ /昭和37年)
  10. 『日本の埋蔵金』     (岡田文夫著/早川書房/ /昭和41年)
  11. 『日本宝島探険』     (桑田忠親著/光文社/250円/昭和41年)
  12. 『埋蔵金物語』(歴史選書六)(畠山清行著/人物往来社/ /昭和42年)
  13. 『海底のスペイン金貨』 (Wagner.Kip著 永井淳訳/集英社/480円 /昭和42年)
  14. 『世界の埋宝』      (黒沼健著/山王書房/390円/昭和42年)
  15. 『足もとにあるかもしれない宝の話』/畠山清行著/毎日新聞社/ /昭和43年)
  16. 『世界の黄金伝説』   (篠田八郎著/大陸書房/480円/昭和44年)
  17. 『日本の埋蔵金』上下  (畠山清行著/番町書房/850円/昭和48年)
  18. 『実録埋蔵金35兆円の謎』(水野智之/徳間書店/630円/昭和48年)
  19. 『世界の秘宝をさぐれ』 (畠山清行、川崎竹一著/学習研究社/ /昭和49年)
  20. 『宝を捜せ』        (トーマス・ヘルム著 井上一夫訳/角川書店/ /昭和50年)
  21. 『黄金伝説』        (Moore.Robin ハワード・ジェニングス著 山本光伸訳/角川書店/1200円/昭和50年)
  22. 『信玄の黄金遺跡と埋蔵金』(泉昌彦著/ボナンザ/1200円/昭和50年)
  23. 『眠ったままの埋蔵金』 (畠山清行著/青春出版社/ /昭和51年)
  24. 『世界の宝探し』(エルム入門百科)/中岡俊哉著/エルム新社/ /昭和51年)
  25. 『日本宝島探険』     (桑田忠親著/日本文芸社/ /昭和51年(41年の復刻版))
  26. 『謎の埋蔵金列島』   (神谷次郎著/スポーツニッポン新聞出版局/ /昭和51年)
  27. 『海底の黄金』      (Wagner.Kip著/角川書店/340円/昭和51年)
  28. 『日本の埋蔵金(新装初版)』(畠山清行著/番町書房/ /昭和51年)
  29. 『世界の秘宝』      (畠山清行監修/集英社/ /昭和52年)
  30. 『宝さがしで儲けろ!』 (宝さがし旅の会編/ / /昭和52年)
  31. 『日本の黄金伝説』(九九の謎・歴史シリーズ11)(/サンポウジャーナル/ /昭和53年)
  32. 『新安沖海底の秘宝』  (三杉隆敏著/六興出版/ /昭和53年)
  33. 『世界の財宝』(世界の黄金伝説)(篠田八郎著/大陸書房/1200円/昭和53年)
  34. 『ソロモンの秘宝』    (高根三教著/大陸書房/ /昭和54年)
  35. 『新・日本の埋蔵金』  (畠山清行著/番町書房/1300円/昭和54年)
  36. 『日本の黄金伝説』  (極楽寺三郎著/曙出版/550円/昭和54年)
  37. 『大発見!世界の秘宝』(宮崎 淳著/立風書房/ /昭和55年)
  38. 『東京埋蔵金考』     (角田喜久雄著/中公文庫/ /昭和55年)
  39. 『埋蔵金を捜せ』(びっくり文庫)(畠山清行著/角川書店/ /昭和56年)
  40. 『赤城埋蔵金四百万両の謎』(水野智之著/新門出版社/ /昭和57年)
  41. 『海底の秘宝と埋蔵金』(畠山清行著/日本文芸社/ /昭和58年)
  42. 『日本列島埋蔵金地図』(別冊歴史読本30号)(/新人物往来社/ /昭和59年)
  43. 『海底の黄金』      (山田道幸著/講談社/ /昭和60年)
  44. 『帰雲城燃ゆ・白川郷・騎馬軍団と埋蔵金秘話』(生駒忠一郎著/八重岳書房/1200円/昭和60年9月)
  45. 『一五〇兆円の黄金を探せ』(日本トレジャーハンティングクラブ/大和書房/ /昭和61年)
  46. 『謎の埋蔵金』      (スピリッツ/ケイブンシャ/ /平成2年)
  47. 『世界の秘宝マップ』  (平川陽一著/KKベストセラーズ/480円/平成3年)
  48. 『二〇〇兆埋蔵金の謎を解く』(小林久三著/コスモの本/ /平成4年)
  49. 『徳川埋蔵金伝説』   (八重野充弘著/二見書房/1500円/平成4年)
  50. 『あるとしか言えない』  (糸井重里著/集英社/780円/平成5年)
  51. 『黄金の国ジパングの埋蔵金』(村上直他著/KKベストセラーズ/580円/平成5年)
  52. 『埋蔵金を発見した!』 (八重野充弘著/KKベストセラーズ/800円/平成5年)
  53. 『日本の埋蔵金一〇〇話』(八重野充弘著/立風書房/ /平成5年)
  54. 『徳川埋蔵金の謎を解いた』(要子広堂著/イースト・プレス/1400円/平成6年)
  55. 『赤城黄金追跡』     (水野智之著/マガジンハウス/1300円/平成6年)
  56. 『黄金伝説』        (小林久三著/世界文化社/ /平成6年)
  57. 『ミステリアスPART五謎学・失なわれた財宝』(M・グラシュコ著 大出健訳/大日本絵画/ /平成6年)
  58. 『世界史・呪われた秘宝ミステリー』(桐生 操著/日本文芸社/  /平成6年)
  59. 『一攫千金!黄金秘宝伝説』(八重野充弘著/KKベストセラーズ/490円/平成6年)
  60. 『「もしも…」がズバリ!わかる本・もしも、あなたの庭から埋蔵金が出てきたら…?!』(素朴な疑問探究会編/河出書房新社/480円/平成6年)
  61. 『徹底推理埋蔵金』   (別冊歴史読本95号)(新人物往来社/1500円/平成7年)
  62. 『世界の難破船と財宝地図』(ナイジェル・ピックフォード著/山と渓谷社/3800円/平成7年)
  63. 『日本の埋蔵金』(中公文庫)(畠山清行著/中央公論社/960円  /平成7年)
  64. 『アメリカ黄金伝説』   (エミル・C・シュールマカー著/秀英書房/1800円/1996年9月23日)
  65. 『幻の埋蔵金 佐々成政の生涯』(生駒忠一郎著/KTC中央出版/1500円/1996年10月14日)
  66. 『埋蔵金を掘り当てる!誰でもできる宝探し実践マニュアル』(八重野充弘著/ワールドマガジン社/1165円+税/1996年10月)
  67. 『海賊大将軍の埋蔵金 村上武吉の生涯』(生駒忠一郎著/KTC中央出版/1500円/1997年11月7日)
  68. 『徳川幕府の埋蔵金 小栗上野介忠順の生涯』(生駒忠一郎著/KTC中央出版/1500円/1998年5月)
  69. 『豊臣秀吉の埋蔵金を掘る』(鈴木盛司著/新人物往来社/2400円+税/1998年8月10日)
  70. 『図解財宝発掘マニュアル』(時實雅信著/同文書院/1300円+税/1998年12月25日)
  71. 『黄金結界 ~甲州埋蔵金の謎を解く~』(加門七海著/河出書房新社/1700円+税/1999年12月2日初版発行)
  72. 『埋蔵金の掘り当て方』 (非日常研究会著/同文書院/1300円+税/1999年12月8日初版発行)
  73. 『RIPTIDE 海賊オッカムの至宝』(ダグラス・プレストン&リンカーン・チャイルド著 宮脇孝雄訳/講談社/税別2300円/2000年7月28日第1刷発行)
  74. 『徳川埋蔵金検証事典』(川口素生著/新人物往来社/税別2500円/2001年1月15日初版第1刷(ISBN4-404-02897-0)
  75. 『モーセの秘宝を追え!』(ハワード・ブルム著 篠原慎訳/角川書店/税別819円/2002年8月25日初版発行/ISBN4-04-290801-2)
  76. 『徳川埋蔵金研究会・珈琲音夜話・赤城山に眠る財宝その謎を解くのは…・前編』(東栄義彦著/思門出版会/ /2002年9月/ISBN4-921168-11-3)
  77. 『蒼海の財宝 TREASURE OF THE DEEP』(H.エドワーズ著/井谷善恵編訳/東洋出版/税別1500円/2003年7月30日第1刷発行/ISBN4-8096-7446-0)
  78. 『幕末の深い眠りから覚めるか 幕府の埋蔵金』(太田利政著/新風舎/1700円/2003年11月25日初版発行/ISBN4-7974-3114-8)
  79. 『埋蔵金・邪馬台国の謎解きに挑戦 ミステリーハンティング』(橘高 章著/歴研(歴史研究会)/税込840円/2004年10月28日第1刷/ISBN4-947769-42-4)
  80. 『世界ミステリー 謎をひも解く ありかを明かす! 財宝地図』(黄金伝説研究会・編/竹書房/税込500円/2006年11月7日初版発行/ISBN4-8124-2902-1 C0076)
  81. 『見捨てられた財宝 百兆円』(鬼木和彦著/新風舎/本体1500円/2006年12月15日第1刷発行/ISBN4-289-00492-X C0095)
  82. 『日本の埋蔵金1 キッドの宝』(畠山清行著/たんさく/税込840円/2007年1月24日初刷/ISBN978-4-903288-02-4)
  83. 『ほんとうにあった怖い話コミックス 怪奇心霊語り 埋蔵金発掘の怪奇編』(加門七海、JET著/朝日新聞社/税別390円/2007年10月1日新版第1刷発行/ISBN:978-4-02-275201-7)
  84. 『謎解き紀行 徳川埋蔵金 上 かごめの歌に隠された秘密』(山中廣稔著/随想舎/税別1500円/2007年10月25日第1刷発行/ISBN:978-4-88748-165-7)
  85. 『埋蔵金伝説を歩く ボクはトレジャーハンター』(八重野充弘著/角川学芸出版/税別1500円/2007年11月30日初版発売/ISBN978-4-04-621305-1)
  86. 『日本の埋蔵金2 武田の宝 上』(畠山清行著/たんさく/税込840円/2007年12月10日初刷/ISBN-978-4-903288-03-1)
  87. 『日本の埋蔵金3 武田の宝 下』(畠山清行著/たんさく/税込840円/2008年1月15日初刷/ISBN-978-4-903288-04-8)
  88. 『日本の埋蔵金4 義経の宝』(畠山清行著/たんさく/税込840円/2008年2月12日初刷/ISBN-978-4-903288-05-5)
  89. 『闇の日本史 消えた埋蔵金伝説』(フロッシュ編集/大洋図書/税込420円/2008年4月5日第1刷発行/ISBN978-4-8130-5117-6)
  90. 『日本の埋蔵金5 海賊の宝』(畠山清行著/たんさく/税込840円/2008年6月10日初刷/ISBN-978-4-903288-06-2)
  91. 『図解 世界の財宝ミステリー』(世界博物倶楽部著/PHP研究所/本体952円+税/2009年1月30日第1版第1刷発行/ISBN-9784569705460)
  92. 『廣済堂文庫 全国「隠し財宝」完全マップ』(造事務所編著/廣済堂あかつき/税別648円/2009年4月30日第1版第1刷発行/ISBN978-4-331-65451-4)
  93. 『謎解き紀行 徳川埋蔵金 下 会津の地に眠る一千万両発見』(山中廣稔著/随想舎/税別1800円/2009年10月25日第1刷発行/ISBN978-4-88748-166-4)
  94. 『闇に消えた日本の黄金ミステリー 発掘!埋蔵金伝説99』(ジェイビー編著/コスミック出版/定価500円/2010年2月22日発行/ISBN978-4-7747-5327-0)


※現在入手可能な「埋蔵金」関連書籍をお探しなら、総合型オンライン書店で有名な『amazon』の検索が
結構便利です。「GO!」ボタン横の白い枠内に「埋蔵金」というキーワードを入れて「GO!」ボタンを。
購入可能な書籍一覧を表示します。探したい「書籍名」を直接入れて検索することももちろん可能。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト