« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

「閑話休題」テリトリー外ですが沈船の財宝発見のニュースです

 7月30日付けのAFP ニュースが伝えたところに寄れば、“トレジャーハンター一家”としてアメリカでは有名なシュミットさん一家が、18世紀にフロリダで沈没したスペイン船の船内から“金の聖体箱”を発見したという。時価にして推定30万ドル(日本円で約3,600万円)。しかもシュミットさんたちは、これが初めての発見ではなく、昨年7月には同じ沈船から約50万ドル(日本円で約6,000万円)相当の財宝を発見していたのだとか。

(--以下、AFP BB NWES 2014年07月30日付より)

『米の宝探し一家、18世紀のスペイン船から金の聖体箱を発見

【7月30日 AFP】家族で宝探しに挑み続ける米フロリダ(Florida)州サンフォード(Sanford)の一家が、約300年前に沈没したスペインのガレオン船から、金でできた聖体箱を発見したと発表した。地元メディアが29日、報じた。

 シュミット(Schmitt)さん一家は同州オーランド(Orlando)のテレビ局WKMGに対し、1715年に現在のフォートピアス(Fort Pierce)沖で沈没した船から、聖体を運ぶのに使われていた金の小箱を回収したと語った。この船は、中南米のスペイン植民地から本国に財宝を運んでいたが、ハリケーンに見舞われて沈没した。

 シュミットさん一家が財宝を発見したのはこれが初めてではない。同テレビ局によると、昨年9月には合計50万ドル(約5100万円)相当の金の鎖と金貨を発見している。(c)AFP』

(--以上、AFP BB NEWSより)

 ちなみに前回の発見とは、2013年9月4日付けの各紙で報道されたもので、一家総出で財宝探しをしているシュミットさん一家が、今回と同じフロリダ州フォートピアス沖で、約300年前に沈没したスペインのガレオン船から、金の鎖や硬貨を発見したというもの。

 ちなみにフロリダ沖で難破した船には当時の記録が詳しく残っているものが多く、また、現在この難破船の権利を保有するという会社もあり、その会社によれば、船はスペインが中南米の植民地から集めた財宝を本国に送る11隻のガレオン船船団うちの1隻で、1715年のハリケーンで沈没したものと確認されているという。船には、現在の価格で約4億ドル相当の財宝が積み込まれていたと目録にあり、そのうちのすでに発見されたのは1億7,500万ドル分程度なのだとか。

 今回発見された黄金などで宝飾された聖体箱は、スペインの高位カトリック聖職者らに献上された首飾りなどをおさめるためのものの一部といわれ、研究家によれば今回の発掘物は、25年前に発見された、ネックレス式のキリスト聖体箱と整合することが確認されたという。

--2014年7月30日

「日本の埋蔵金」WEBサイト:http://komiyama.gr.jp/

| | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

京都の駐車場跡地で甕の中から古銭4万枚が出現! 時価400万円以上

 総合建設コンサルタントや文化財コンサルタント事業を行っている(株)イビソクという会社の情報によれば、京都市の駐車場跡で、時価400万円以上とされる古銭4万枚が発見されたという。

 発見されたのは、四条河原町の京都タカシマヤのすぐそばにある駐車場跡で、室町時代のものと見られる高さ66cm、直径53cmの備前焼の甕の中からサシの状態になった古銭約4万枚が発掘された。古銭の種類は7世紀の開元通宝から15世紀の宣徳通宝まで約50種類の、製造時期がバラバラの古銭だったという。甕が見つかった駐車場は下京区貞安前之町で、7月8日にこの“事件”を発表したイビソクによれば、このあたりには染色を生業とする職能集団が居住していたということで、彼らが蓄財のために銭を壺甕に詰めて埋蔵していたものと推定されるが、持ち主も経緯も定かではないという。

 ちなみに最近の古銭の発見例としては、今年の1月に滋賀県長浜市の旧豪商の土蔵から、江戸時代の慶長小判や正徳小判など小判15枚、銀貨2枚、一分金など2千万円相当が発見されたケースや、2012年12月には、岩国市楠町の中津居館跡から、備前焼の甕からサシ銭約2万枚が発見された例、2009年5月に愛知県幸田町のお寺から慶長小判など43万、一分金117枚、その他の副葬品が見つかった例など、定期的に発掘されては、ニュースとして伝わってきている。

 また、これは日本国内の例ではないが、今年の2月に犬の散歩をしていたアメリカはカリフォルニア州の夫婦が、缶に入った1400枚以上のコインを発見。つい最近、その古銭(“サドルリッジのお宝”と命名された)の競売が行われたというニュースが入ってきたが、1枚に1万5千ドルもの値が付いた1878年の20ドル金貨をはじめ、初日の売り上げだけで400万ドルを記録したという。現地の古銭取引商によれば、発見したコイン全てでの価値は1000万ドル以上にのぼるだろうとのこと。

 さすがにアメリカ、額が大きすぎてちょっとピンと来ませんが、「ここ掘れワンワン」のアメリカ版ってわけですね。これらはすべて埋蔵金の話題ではありますが、偶然に発見されたもので、埋蔵金としては宝くじよりも当たる確率の低い単なる“幸運”という範疇の出来事でしょう。まあ、逆に一生懸命探索したからと言って出てくるものでもないような気もしますが。やはりこちらも運次第!? 閑話休題でした。

●『日本の埋蔵金』WEBサイト:http://www.komiyama.gr.jp/

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »