« 戊辰戦争中に座礁沈没した米国船ハーマン号を勝浦沖で発見 | トップページ | 「閑話休題」金にまつわるニュースを »

2013年1月 9日 (水)

“観音様のお告げ”と男体山で地権者に無断で穴を掘った自称運命鑑定師が摘発される

 我が国の“埋蔵金”の代名詞ともいえる「徳川埋蔵金」。親子3代にわたって探しつづける水野さん一族の話や、TV番組の一環として重機を導入して大々的に地面を掘り返した糸井重里氏のプロジェクトなどもあり、まさに知らぬ人のいない話題だろう。

 ただ、そんな影響もあって、どうしても「徳川埋蔵金」といえば赤城山が注目されてしまうが、実は「徳川埋蔵金」のターゲットは赤城山だけじゃない。東照宮のある日光山から男体山、榛名山、妙義山と北関東一円いたる所に“候補地”が広がっている。「物証の多すぎる赤城山は“おとり”で、本来の埋蔵地から目をそらさせるためにわざわざ偽装した」というわけだ。

 そんな、「徳川埋蔵金」の“候補地”のひとつ、男体山でとんでもない事件が起きた。昨年の夏から暮れにかけて男体山の山麓で、他人の所有する山林で勝手に埋蔵金探索のための穴を掘っていたグループが12月21日、栃木県警日光署に摘発された。

 そのグループとは、自称“運命鑑定師”H容疑者(82歳)を中心とする男女3名。実はこのグループの首謀者、H容疑者は女性で、かつて“霊示気学二穣会事件”でも有名となった二穣師女、その人だった。運命鑑定の一環として“念金浄化”(紙幣を燻蒸するだけの行為を“念金浄化”と称していた)を行うために、会員から集めた多額の紙幣を元夫に持ち逃げされたりして、返金できなくなり詐欺罪に問われ、有罪となった。そんな過去を持つH容疑者が、今度は他人の土地を無断で勝手に掘り返していて捕まったというのだ。

 各新聞、WEBニュースなどから事件をまとめると、同容疑者を含めた男女3名は、栃木県日光市の宗教法人、日光二荒山(ふたらさん)神社が所有する男体山山麓の山林で、8月の上旬から12月中旬まで、同社に無断で穴を掘っていたという。同社によれば「夏頃から数回にわたって穴を掘らせて欲しいと頼まれたことはあったが断った」という。この時の人物が容疑者のグループと関係があるかどうかは今のところ不明。

 勝手に掘っていた理由というのが、「ここにお宝が埋まっているという観音様のお告げがあった」から、と警察の事情聴取で供述しているという。

 12月上旬に散歩中の地元住民から110番通報があり、駆けつけた署員が現場で取り押さえたという。容疑は「器物損壊罪」。他人の持ち物を勝手に傷つけること、が「器物損壊罪」の要件だが、他人の土地を勝手に掘ったり、他人の飼い犬の毛を刈ったりしても成立する犯罪だ。

 ちなみに掘られた穴というのが、広さはわずか4.62メートル平方だが、深さが何と11.3メートルもあったそうだ。短期間に人力で掘れるのはせいぜい深さ2~3メートル、穴掘り専用の油圧ショベル(バックホーとかドラグショベル)を使ったとしても、アームの長さから通常は7~8メートル程度。10メートルを超える穴となれば、深い穴を掘るための専用の油圧ショベル(テレスコアーム掘削機など)を導入しなければとても掘れないはず。また掘った後も土留めをしなければ崩れてしまう可能性があり危険だ。11.3メートルとはそんな深さなのだ。ちなみに器物損壊の被害額としては、現状に復すための修繕費が約58万円とか。

“占い”や“お告げ”で埋蔵金のありかが分かれば世の中そんな楽なことはない。今頃、日本中の埋蔵金という埋蔵金は全て掘り出されている。蛇足ながら最後に付け加えておくと「宝が埋まっているという伝説はありません」と二荒神社さんのコメント。とんだ騒動でした。

|

« 戊辰戦争中に座礁沈没した米国船ハーマン号を勝浦沖で発見 | トップページ | 「閑話休題」金にまつわるニュースを »

■埋蔵金ニュース」カテゴリの記事