« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月17日 (日)

◎日本各地の埋蔵金


 日本の埋蔵金伝説は全国でおよそ数百! その中でも史料が存在し、ある程度の裏付けが取れるものを残していっても、その数はゆうに百件を超す。

 銀行など無かった昔、戦国時代から江戸時代へかけて、市井でも多くの金銀銭が日常茶飯として埋蔵され、また掘り出されていた。また祭祀などにあたって銭等を埋めることも多く行われていた。
 今日、工事現場などで偶然に発見され“埋蔵金”騒ぎとなるもののほとんどは、それら金庫代わりに地中に埋めていた銭が、当事者、またはその関係者の血縁までもが途絶えたりして、ついに掘り出されることなく今日まで至ったようなケースがほとんど。埋蔵金というより、いわば“埋没金”とも言えるものなのだ。

 ここで言う狭義での埋蔵金とはそれら埋没金とは異なり、当事者が意志を持って、お家の再起をかけ、はたまた子孫に残すべく埋蔵したが、なんらかの理由により、その機会が失われ、そのまま莫大な金銀がただただ地中で眠りについてしまったものを特に埋蔵金として区別されたい。

 我が国の埋蔵金伝説の中でも、特に有名な、三大埋蔵金と呼ばれる、「徳川埋蔵金」、「秀吉の埋蔵金」、そして「結城家の埋蔵金」は、まさにその埋蔵金の典型的なケースだ。ちなみにここに取り上げた日本各地の埋蔵金情報は、まだごくその一部で、現実には全国各地、埋蔵金伝説の無い地方を探すのが難しいくらい津々浦々で伝承されている。

 まさに埋蔵金でも「黄金の国、ジパング!」なのだ。

nullpix nullpix
 砂金の産地でもある北海道。今でも砂金掘りが楽しめるところがあったりと、金山にも注目できるが、埋蔵金では、先住民アイヌと内地人との抗争による財宝や、松前藩がらみの埋蔵金伝説などが残っている。

 東北の砂金を背景にこの地で勢力を誇った安倍氏だが、勢力拡大を恐れた朝廷により「前九年の役」で滅亡させられてしまった。この直前に、安倍氏は再建をきし財宝を兜明神岳に埋蔵したという。

 関東には埋蔵金の代名詞ともいえる“徳川埋蔵金”やこれまた「三大埋蔵金」のひとつとされる“結城家埋蔵金”など多くの埋蔵金伝説が残っている。赤城山以外にも徳川幕府関連の埋蔵金情報は数多い。

 百十九貫という莫大な黄金を算出し武田家を支えた、信玄の「牛の金鉱」黒川金鉱。圧倒的な財力をバックに信濃、駿河、西上野、遠江と勢力圏を広げた信玄は各所に軍資金を分散して埋蔵したという。

 東の徳川に対して、西はなんといっても秀吉。豊臣家の将来を案じた秀吉は大阪城内にあった4億5千万両を、多田銀山に埋蔵したという。こちらも傍証は多く、追う方も多い。歴史がある地域だけに伝承の数も膨大。

 中世の一大商圏であった瀬戸内海地方。数々の歴史に伴なって埋蔵金伝説の舞台になっている。鳴門茂衛門という大海賊の埋蔵金や瀬戸内海狭しと活躍した村上水軍の埋蔵金など。

 寛永14年の島原の乱で、原城に立て籠もった天草四郎。2ヵ月を越す長期戦でついに勇猛果敢な戦いを示した一揆軍も落城覚悟。6キロの黄金の十字架、金銀製燭台20基、宝石をちりばめた王冠、そして大判小判……。

|

◎北海道地方の代表的な埋蔵金

Hokkaiodo

●武田信広の埋蔵金
【埋蔵額】=砂金(数兆円)
【埋蔵者】=武田信広
【埋蔵時期】=康正年間(1456年頃)
【埋蔵地1】=檜山郡檜山町勝山城跡
【埋蔵地2】=千軒岳(鬱金山)
【背景】=アイヌの大酋長、コマシャイン討伐により北海道に支配権を確保した信広が集めた財宝を、備蓄する 目的で上記の2カ所に分散、埋蔵したというもの。
「わが子孫以外の者が手をふれたら直ちに命を絶て」という呪いの言葉が伝えられている。盗掘防止策の存在を意味するものだろう。城といっても、当時防塁を巡らした館、程度の存在だったはず。千軒岳説では4つの洞窟に隠されたという。

●開陽丸の幕府埋蔵金
【埋蔵額】=15万両
【埋蔵者】=榎本武揚
【埋蔵時期】=慶応年間(1867年頃) 【埋蔵地】=檜山郡江差町字中歌町沖合い
【背景】=幕末の混乱時、あくまで薩長連合に抗戦を求めた榎本武揚らが北海道共和国設立を目的に開陽丸に大阪城から搬出したといわれる公金を積み、江差攻略作戦中に悪天候のため座礁し沈没したもの。
1974年から1988年にかけて江差町教育委員会が発掘を試みクルップ砲や古文書など約3万点の遺物とともに若干の財宝を発見。ただし15万両が積まれていた裏付けは不明。

●源 義経の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=源 義経
【埋蔵時期】
【埋蔵地1】=千歳市恵庭岳
【埋蔵地2】=恵庭市盤尻熊ノ沢
【背景】=東北から北海道にかけて残る義経の「落ち延び」伝説。その真偽のほどはともかく、義経軍の残党がいたことは確実で、この集団が北海道へと渡って、軍資金を埋蔵したというもの。
恵庭岳の北側斜面とする説と、ライマナイ川の流域熊ノ沢に隠されたとする説の二つの言い伝えがある。ただし熊ノ沢は現在の地図には存在しない。

●軍艦吾妻の埋蔵金
【埋蔵額】=白金塊三百貫
【埋蔵者】=日露戦争時の日本軍
【埋蔵時期】=明治38年7月
【埋蔵地】=小樽港外、石狩湾
【背景】=日露戦争の占領地樺太の金融機関から押収した白金など。明治38年6月の日露講和会議後の樺太からの押収品で対応に困った軍部が受け取らず、吾妻が処理したといわれるもの。
かつて引き揚げ作業が行われたが、当時の技術では手がでず。最新技術による引き揚げに可能性は高い。

●カムイ古潭の埋蔵金
【埋蔵額】=砂金多量
【埋蔵者】=アイヌの一族
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=旭川市神居古潭
【背景】=カムイ古潭に近い山中に近辺の川から採集した砂金を先住のアイヌたちが和人の襲撃に備えて穏蔽したというもの。
カムイ古潭にほど近い“魔の谷”と呼ばれる沢。近くの監獄部屋で働いていた男が、病死した仲間の死体を捨てに行って、誤って魔の谷に落ちて発見した、といういわれが残っているそうだが、真偽のほどは定かでなし。

●魔山雷神丸の埋蔵金
【埋蔵額】=金銀財宝(百億円以上)
【埋蔵者】=海賊雷神丸
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=広尾郡忠類村魔山
【背景】=幕末の東北近海で「北海の荒鷲」と恐れられた元南部藩士を頭とする海賊雷神丸。武士くずれとアイヌの手下は勇猛果敢でまさに東北の一大脅威となっていた。これに手を焼いた松前藩が討伐に乗り出したことによりそれまで集めた財宝を陸地に隠そうということで魔山(チョマナイ)奥深くのある場所に埋蔵。そして頭が亡くなり、絵図面が残ったというわけ。
明治に入って確かに幾人かが入って宝の一部を見つけたのではと思える消息も伝えられている。
キーワードは「大樹町の歴船川上流“オヤジ”(熊)の大滝の近く」

☆その他の北海道の埋蔵金

●関川与左右衛門の埋蔵金
【埋蔵額】=小判、朱金あわせて四千両
【埋蔵者】=松前藩の豪商関川与左右衛門
【埋蔵時期】=慶応四年
【埋蔵地】=檜山郡江差町
【背景】=情勢不安から後に託して豪商が埋蔵したもの。1978年に発見された古文書から慶長大判、元文小判、文政小判、天保二朱金を埋蔵したことが判明。教育委員会が文化財として調査を行っている。

●蒜沢の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=戦に敗れた武士
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=亀田郡七飯町字大川
【背景】=地元の伝承。落ち武者がこの地で最後を覚悟、埋蔵。目印に印籠の中にあった“蒜”を目印に植えたというのがミソ。

●賀張の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭六六四枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=一六世紀中期
【埋蔵地】=沙流郡門別町字賀張
【背景】=偶然に発見された埋蔵金。牧場の暗渠工事で発見。北宋と明銭がほとんどということから一六世紀中頃埋蔵され今日まで眠っていたのだ。このように一時的な埋蔵でも何らかの理由で埋まったままになっている埋蔵金も実に多い。

●鉛川の埋蔵金
【埋蔵額】=砂金
【埋蔵者】=鉛川の砂金堀師たち
【埋蔵時期】=明治維新
【埋蔵地】=山越郡八雲町鉛川
【背景】=函館の五稜郭を占領した榎本軍の接収を恐れた鉛川の砂金堀師たちが、一時避難の目的で隠した砂金が行方しれずに。

●アイヌの埋蔵金
【埋蔵額】=先祖伝来の財宝
【埋蔵者】=アイヌの酋長ヨコウシ
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=標津郡標津町
【背景】=アイヌに残る埋蔵金伝説。この地の酋長が娘の婚姻に対立する酋長に不意を襲われ財宝を隠したと言われるもの。

●秋田藩の埋蔵金
【埋蔵額】=金の延べ棒五箱(推定三十億円)
【埋蔵者】=秋田藩
【埋蔵時期】=明治三年
【埋蔵地】=上川郡新得村
【背景】=明治政府の私鋳貨幣通用禁止令を元に、査察にきた政府の監督使に私鋳金を没収されるのを防ぐため、遠く上川郡に埋蔵。そこは十勝川を遡った“トムラウシの函”と呼ばれる所だったという。1982年、地元の新得町と観光協会、山岳会などによるトムラウシ洞窟探検隊が一般の応募者とともに探索した記録が残ってい。

|

◎東北地方の埋蔵金

Tohoku


●安倍貞任の埋蔵金(岩手県)
【埋蔵額】=黄金延べ棒九本、延べ板十五枚、砂金多量
【埋蔵者】=安倍貞任
【埋蔵時期】=前九年の役(十一世紀中頃)
【埋蔵地】=下閉伊郡兜明神岳麓
【背景】=平安時代の東北の豪族、安倍氏の金塊が眠っている。
東北地方を潤した砂金をもとに勢力を誇った安倍氏だが、朝廷は源頼義を陸奥守に任じ、武力で制圧をはかった。前九年の役だ。
この前九年の役で滅亡する前に、再建をきした貞任は財宝の一部を兜明神岳に埋蔵したという。残された言い伝えでは、閉伊川の源と北上川の源、二説があるが兜明神岳であることは間違いない。埋宝地を示すという巻物が存在しそれをもとに数々の人が挑戦している。

●小松大尽の埋蔵金(岩手県)
【埋蔵額】=砂金の壺三個、黄金の杯五個、黄金作りの刀剣など
【埋蔵者】=小松大尽
【埋蔵時期】=藤原三代の頃
【埋蔵地】=遠野市小友町
【背景】=小友川や猿石川を拠点に砂金を採集して小松大尽と呼ばれる長者がいた。その長者の子供達の相続争いが埋蔵金伝説の元となっている。
腹違いの兄弟で、本妻の子に相続させまいと留守に乗じて遺産を五つに分割、三つの峰と二つの沢に隠した。 結局は陰謀が暴露され、二つは世に出たが、残りの三つは埋もれたままになっているという。
その後、発掘を試みる人があり一分を発見したと思われる出来事も伝わっている。

●炭焼き籐太の埋蔵金(宮城県)
【埋蔵額】
【埋蔵者】=炭焼き籐太
【埋蔵時期】=平安末期
【埋蔵地】=宮城県栗原郡金成
【背景】=奥州の金売吉次と言えば、義経記」などに登場する奥州藤原一族を陰で支えた強力ブレーン。その金売吉次、吉内、吉六ら兄弟の親が金成の炭焼き籐太と言われる。
「心の素直な炭焼きが神仏のご加護で金を発見」と伝説では伝えられるが、その実は“金鉱掘りの特殊技術者集団”が籐太一族の実体だったのだろう。
籐太には、黄金を投げたという金沼、炭を焼いていたという金山沢、そして金山原という屋敷跡、などが残っている。

●西村久左衛門の埋蔵金(山形県)
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=西村久左衛門
【埋蔵時期】=江戸時代中期
【埋蔵地】
西置賜郡白鷹町最上川上流 【背景】=京都の豪商、西村久左衛門は米沢藩への回船の乗り入れを計るため最上川の難所、黒滝を改修。直接船を米沢藩まで遡れるようにしたことで、巨万の富を得ることができたという。費用実に一万七千両。その左衛門が子孫のために最上川沿いの家の地下に黄金多量を埋蔵した。
そして、時代は下って、昭和三十六年。付近の川で水遊びをしていた子供が小判八枚と二分銀を発見。さらに小判二十枚、二分銀が多量に拾われるにいたって、久左衛門の埋蔵金が何らかの理由で流れ出したと一躍時ならぬ埋蔵金探しの騒動になったという。

●葦名義広の埋蔵金(福島県)
【埋蔵額】=金塊
【埋蔵者】=葦名義広
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=会津若松市
【背景】=伊達政宗と戦って破れた葦名氏が落ち延びる途中で百頭あまりの馬に積んだ金塊や延べ棒を猪苗代湖に沈めたという。
鎌倉幕府以来の名門、葦名家だけにその財宝は相当なもの。野盗や落ち武者狩りの手から逃れるためには身軽になる必要があった。事実、葦名氏筆頭家老の手記など文献に記され信憑性は高い。
逃亡の経路は、会津若松から東山温泉、飯盛山を通って猪苗代湖西北岸そのまま湖に沿って須賀川から常陸の国を目指したと言うから、沈められた可能性の高いのは猪苗代湖の南端か。


●川越家の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=川越家
【埋蔵時期】=江戸時代中期
【埋蔵地】=南津軽郡藤崎町大字藤崎字武元
【背景】=藤崎村の庄屋だった川越家に代々伝わる口伝によれば同家の先祖が金銀財宝を備蓄のため屋敷内に埋蔵したという。昭和20年代、実際に埋蔵金を探した人もいるが、未発見と言う。

●油川城の埋蔵金
【埋蔵額】=軍用金数千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=青森市西田字浜田
【背景】=油川城主が配線を覚悟して、城内に後の軍用金として金子数千枚を埋蔵したという言い伝えが残る。目印は埋蔵金の上に植えられたという若竹だった。

●五輪塔遺跡の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=南津軽郡平賀町大字岩館字長田
【背景】=五輪塔遺跡の発掘を行っていて偶然発見した古銭。北宋銭(治平元宝、元宝通宝)ほか、明銭(永楽通宝)、和銭(寛永通宝)など。

●坊主屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=南津軽郡平賀町大字館山字亀岡
【背景】=“坊主屋敷”と呼ばれていた場所を整地中偶然に発見した古銭。五朱銭を始め五十五種、五銭六百十二枚。

●九十九森の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西津軽郡木造町吹原
【背景】=吹原にある弘法寺の九十九森には埋蔵金伝説がある。かつてこの地を掘った人が古銭を発見したという。

●深浦町沖合いの埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=沈没した南部藩の軍船
【埋蔵時期】=文政年間
【埋蔵地】=西津軽郡深浦町沖合い
【背景】=南部藩の財宝を積んだ軍船が深浦町の沖合いで沈没。大正初年に深浦町の沖合いで小判三枚が引き揚げられたほかその沈船から打ち寄せられたと思われる十四枚の小判が近くの車力町の海岸で拾われた。また昭和三十年には三十キロの銅板二枚が付近の海底から引き揚げられている。
●天間林の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=上北郡天間林村
【背景】=昭和51年、自宅近くの畑を耕していた農夫が寛永通宝や政和通宝など古銭数百種、合計一万枚近くが詰まった瓶を掘り出した。


●だんぶり長者の埋蔵金
【埋蔵額】=高さ三尺、四十八体の黄金の人型
【埋蔵者】=だんぶり長者
【埋蔵時期】=六世紀頃
【埋蔵地】=二戸郡安代町平又
【背景】=全国各地に聞かれる“だんぶり長者伝説”のひとつ。この地の長者であった分限者が子宝祈願に人型の黄金四十八体を敷地内に埋めたというもの。めでたく子宝に恵まれたということだがこの手の言い伝え、多分に修身訓話的な物語と考えた方がいいのでは。

●岩泉の埋蔵金
【埋蔵額】=一分金三千八百九十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=下閉伊郡岩泉町
【背景】=昭和三十八年、岩泉町で一分金三千八百九十枚が発見。時代背景は安倍の埋蔵金よりぐっと下がって江戸時代の埋蔵か。

●正清の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=武士正清
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=下閉伊郡田老町真崎
【背景】=こちらも下閉伊郡の言い伝え。当地にあった剛腕の武士、正清が「朝日とろとろ夕日輝く曽根の松うるしまんばい、金おくおく」の言い伝えを残して財宝を隠したというもの。

●うつぎ屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=うつぎ屋敷の長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=水沢市瀬台野
【背景】=北上川の近くに一面のうつぎが植えられた長者の屋敷があった。その長者が北上川の氾濫で流され、後に埋蔵金の言い伝えとなった。

●佐倉河の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=鎌倉末から南北朝期
【埋蔵地】=水沢市佐倉河字西舘
【背景】=耕作中の農夫が水田より四十八種、三千三十七枚の古銭を掘り当てる。漢代の五銖から南宋の咸淳元宝など。

●太田の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】=平泉藤原氏の血をひく御用商人
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=花巻市太田
【背景】=耕作中の農夫が木箱を発見、中には漢代の五銖、唐銭、五代十国銭、北宋銭、南宋銭など、五十種近く、総数四千六百五十九枚が固まって出土したという。

●森子山の埋蔵金
【埋蔵額】=軍用金六万両
【埋蔵者】=稗貫氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=花巻市高木
【背景】=秀吉による領地没収を恐れたこの地の領主、稗貫氏が 森子山の山頂に埋蔵したとの言い伝え。

●円万寺館の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=円万寺氏
【埋蔵時期】=中世
【埋蔵地】=花巻市膝立観音山
【背景】=前出の稗貫氏の重臣だった円万寺氏にも埋蔵金伝説がある。「黄金億々と漆の杯を館近くの旭さす夕日輝く三つの葉の葛のある所に埋めた」という内容が、円万寺氏の史書に記録されていたという。

●梵字沢館の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=遠野市山口
【背景】=梵字沢館の跡に残された埋蔵金伝説。宝の在処を知っている と言う老人が言い残そうとした言葉が元に。

●刈明館の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=戦国時代
【埋蔵地】=西磐井郡花泉町
【背景】=花泉町に居を構えた寺崎氏。その寺崎氏が没した後に「朝日さす夕日輝くその下に、漆万杯。黄金億々」の伝説あり。目印にほうずきが植えられていたとも。

●金鶏山の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金作りの鶏二羽、漆一万盃に黄金一億両
【埋蔵者】=藤原秀衡
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西磐井郡平泉町
【背景】=奥州藤原氏が栄華を誇った平泉、秀衡が菩提寺の鎮護を込め中尊寺前に築いたといわれる金鶏山。その金鶏山に黄金作りの二羽の鶏などを埋蔵したとの言い伝えがある。


●長者原の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金と漆
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=古川市川熊字長者原
【背景】=その名の通り当地に住んでいた長者が、一人娘に対する地頭の横やりを恐れて出羽の国に移住を決意。そのときに黄金と漆を埋蔵という。目印に白南天を植えたという。

●銚子ヶ森の埋蔵金
【埋蔵額】=金の銚子
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=白石市銚子ヶ森
【背景】=その昔、金の銚子を埋めたと言い伝えられた塚がある。塚そのものは東山道の要衝として広く知られているもので、寛永年間に発掘の記録有り。ただしその時は大きな平石が出たのみ。

●佐々木家の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】=佐々木家
【埋蔵時期】=江戸時代
【埋蔵地】=栗原郡若柳町
【背景】=農家の母屋を改築のための地ならし中に壺に入った古銭を発見。慶長一分銀など、銀貨三百三十二枚。


●院内銀山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=秋田藩
【埋蔵時期】=戊申戦争時
【埋蔵地】=雄勝郡院内
【背景】=秋田藩の隠し金山に備蓄してあった埋蔵金が戊申戦争時のどさくさで行方しれずに。隠し金山一体が奥羽列藩同盟から攻撃を受け多くの坑道が破壊されている。その額数億から数百億まで。

●鳥海山麓の埋蔵金
【埋蔵額】=小判、一分金
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=由利郡象潟町
【背景】=当地の農夫が畑を耕作中偶然白磁の壺を発見。中には小判七十枚、一分金八十枚が入れられていた。旧地主の村上氏の先祖が戊辰戦争当時に埋蔵したものか。

●朝日長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=朝日長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=秋田市寺内
【背景】=秋田県内の各地に残る「朝日さす、夕日輝く木の下に漆万杯、黄金億おく」の言い伝えのひとつ。朝日長者、夕日長者の伝説はこのほかにも仙北郡太田町、協和町、干畑町、雄勝郡稲川町、由利郡象潟町など多くみられる。
●脇本城の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の茶釜
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=男鹿市脇本
【背景】=脇本城の落城時に城の中の井戸に金の茶釜が投じられたというもの。また城下の大倉では古銭二十一種、八千八百枚の出土が報じられている。

●十三本塚の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=鎌倉時代
【埋蔵地】=雄勝郡羽後町
【背景】=十三個の塚のうちひとつが崩壊したときの調査で古銭(宋銭)や金片などを発見。

●本城の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北秋田郡森吉町
【背景】=森吉町本城の原野で作業をしていた農夫が偶然古銭を発見。開元通宝から永楽通宝まで中国銭五千六百枚あまり。

●榧森判官の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北秋田郡森吉町
【背景】=森吉町根小屋にあった判官屋敷が襲撃されたとき、居城の井戸の中に財宝を投じ、上から石を詰めて隠したという。

●尼館の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北秋田郡森吉町
【背景】=森吉町巻淵にあるかつて尼館と呼ばれた大久保山。そこにあった城が落城の時、宝を埋めたという伝説が残っている。

●羽黒埋蔵金
【埋蔵額】=一分金百四枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=横手市羽黒町
【背景】=羽黒町の小学生が偶然一分金の入った壺を発見。慶長、正徳 享保の一分金で全部で百四枚が見つかった。


●北畠顕信の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千両ほか
【埋蔵者】=北畠顕信
【埋蔵時期】=南北朝時代
【埋蔵地】=最上郡船形町
【背景】=北畠顕家の弟、顕信が落ち延びてきて当地に隠れ住んでいたがやがて庄内に移住するとき「この原に黄金千両、漆万杯、朱千杯」と書き残したという。去っていくのに黄金を埋蔵するのは不自然だが。

●権太夫の埋蔵金
【埋蔵額】=朱砂一壺、黄金一壺
【埋蔵者】=権太夫
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=米沢市御廟
【背景】=上杉家の御廟所のそばに権太夫と言う長者が住んでいた。権太夫は八郎沼に住む蛇の化身から善行のお礼に使っても使ってもなくならない黄金の小袋をもらったという。その権太夫が亡くなるとき「行けば五里、帰れば七里、朝日さす夕日輝く木の下にあり」という黄金の在処を示す言葉を残したという。

●羽黒山黄金堂の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千両
【埋蔵者】=源頼朝
【埋蔵時期】=鎌倉時代
【埋蔵地】=東田川郡羽黒町手向
【背景】=源頼朝が奥州討伐時に戦勝祈願のお礼に建てた応化堂。本来は平泉の金色堂を真似て金箔を貼る予定だったが、急遽本堂の羽黒権現にあわせて素木造りにしたため、余ってしまった黄金を縁の下に埋めて奉納したという。黄金堂と言われる由来でもある。

●善太郎家の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=善太郎家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西村山郡西川町
【背景】=豪農の善太郎家が残した埋蔵金伝説。「朝日さす夕日輝く木の下に、黄金千両、漆千杯」の書き付けが伝わっている。


●長岡藩の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=長岡藩
【埋蔵時期】=戊申戦争時
【埋蔵地】=南会津郡只見町
【背景】=戊辰戦争の軍資金を会津に回送中の長岡藩士たちが、官軍の急追を察知して浅草岳山麓に軍資金を埋めたという。ただ、急をうけて途中の池に投じた、と言う説もあり埋蔵金として残るならこちらか。

●小倉沢の埋蔵金
【埋蔵額】=金塊
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=江戸時代初期
【埋蔵地】=郡山市湖南町
【背景】=湖南町の赤津字小倉沢一帯は会津蒲生氏の時代に盛んに掘られた金鉱があった。この金鉱や経沢の金山で掘られた金の一分を鉱夫たちが密かに小倉神社の境内に埋めたという言い伝えが残っている。

●虎丸長者の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=虎丸長者
【埋蔵時期】=前九年、後三年の役
【埋蔵地】=郡山市虎丸
【背景】=源義家の東北成敗の遠征で食料の供給を求められた当地の長者が供出を拒んだ為、義家に滅ぼされてしまった。その時に財宝を埋めて逃げたと言う伝説。「黄金千杯漆千杯朝日さし夕日輝く木の下にあり」。

●米長者の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=米長者
【埋蔵時期】=前九年、後三年の役
【埋蔵地】=二本松市郡山台
【背景】=郡山台に居を構えていた米長者(虎丸長者とも)が郡山市の虎丸長者同様、義家に対する供応を拒んだ為滅ぼされ、埋蔵金伝説が残された。こちらは「三つ葉うつ木の下」で、実際に二本松の藩主が幕末に探索したとの記録まで残っている。

●四本松の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=安達郡岩代町
【背景】=かつて四本松城の本丸があったとされる岩代町の長折字四本松。この地の名家の家計図の裏に「朝日さす、夕日輝くたんぽぽの、北の稲荷に恩を埋める」の書き付け有り。

●銭森長者の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=藤原保祐
【埋蔵時期】=貞元年間
【埋蔵地】=大沼郡三島町
【背景】=三島町の西方にその財は森を埋めるほどで銭森長者と言われた平泉の藤原一族の保祐が残した埋蔵金伝説。西方には長者の石祠が残る。

●“勿来の関”の古銭五十種
【埋蔵額】=開元通宝、元祐通宝、五誅銭など五十種
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=いわき市
【背景】=福島県の郷土史研究家が“勿来の関”(なこそ)の研究する上で長年発掘収集した古銭が五十種にもなったという。勿来、大槻天神宮上ノ大古道や大野八幡神社古道など四本の古道から発掘したという。西暦元年の五誅銭など五十四枚に。

|

◎関東地方の埋蔵金

Kanto


●結城家の埋蔵金(茨城、栃木県)
【埋蔵額】=竿金(二尺)二万五千本ほか
【埋蔵者】=結城晴朝
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地1】=結城市大字結城
【埋蔵地2】=河内郡河内町
【背景】=十七代に渡って関東の地で栄え、さらには奥州征伐の功で藤原氏の財宝をも手中に収めた結城氏。しかしこの富に目を付けた家康の策謀で、実子の秀康を養子に送り込まれ、さらには関ヶ原の乱後「秀康の功をたたえて結城十八万石を越前福井七十五万石に転封」と体よく追い払らわれ、結城晴朝が財宝の温存を画策。かくして、結城の里に眠る巨万の黄金伝説が残された。
埋蔵場所としては結城城祉、そして最も有力と思われているのが晴朝が最後まで残っていた隠居所、河内町の 本吉田の会之田城祉、そして同じ栃木の小山市中久喜の西の城など。ちなみに家康は晴朝死後、福井城や結城城跡を探索させたが、発見できず後に吉宗も大岡越前を使って埋蔵金を探させていることで信憑性は高い。

●徳川幕府の埋蔵金(群馬県)
【埋蔵額】=三百六十万両
【埋蔵者】=小栗上野介ほか
【埋蔵時期】=慶応年間
【埋蔵地】=勢多郡赤城村
【背景】=度重なるTV放映等で、我が国の埋蔵金伝説の代表格となった赤城の徳川埋蔵金。推定される埋蔵額からもトップバッターといえる。
慶応四年、陸海軍の奉行を兼ねる勘定奉行であった小栗上野介は薩長軍に徹底抗戦を主張したが受け入れられず、知行所でもある上州権田村に引きこもったが、これは偽装で実は赤城山に幕府財宝を埋蔵したという。
時の大老、伊井直弼が討幕派と迫りくる諸外国に徳川三百年の財宝が奪われることを案じ甲州流軍学者、大学頭幕府学問所頭取、林鶴梁に命じて埋蔵を計画させたというのだ。実際に埋蔵に当たったのが小栗で上州各地には埋蔵金に関する言い伝えや物証が数多く残っている。
特に有力視された赤城山麓を始め、利根郡新治村猿ヶ京温泉、三国峠近く永井の宿場跡、沼田街道の片品村など、そのどれもが現在も発掘中だ。

●彰義隊の埋蔵金(東京都)
【埋蔵額】=小判十七万五千両
【埋蔵者】=彰義隊
【埋蔵時期】=慶応年間
【埋蔵地1】=荒川区三河島
【埋蔵地2】=台東区下谷
【埋蔵地3】=台東区上野
【背景】=官軍の進撃で風雲急を告げる情勢に幕府の造幣局、蠣殻町の金座・銀座から小判を運び出し、埋蔵したというもの。新鋳小判約十七万五千両。ここまでは詳しく分かっているものの、その埋蔵地は諸説有り。
一つは荒川区三河島。ここには幕府御用達の植木屋伊藤七郎兵衛の邸宅があったところで現在の宮地ロータリー。もう一つは下谷根岸のお行の松にあった旗本の隠居所跡。そして最後が現在の上野寛永寺の位置にあった輪王寺宮の別邸、ご隠居殿。
それぞれに、埋蔵金発掘にかけた男達の物語が残されており、時代が新しいだけにヒントは数多く残っている。 いずれの埋蔵地にせよキーワードは、「井戸の底」。

●里見家の埋蔵金(千葉県)
【埋蔵額】=砂金ほか
【埋蔵者】=里見忠義
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地】=安房郡千倉町
【背景】=房総の地で十代に渡って繁栄を築き上げた里見家。その里見家十代藩主が大久保忠隣事件や鉄砲備蓄を口実に改易された慶長十九年。伯耆三万石に転封される前に、領内の砂金など財宝の多くを後日を期して各地に分散して埋蔵したという。
その一つが里見家の祈願寺である小松寺で、同寺には「朝日さす夕日輝くもろの木の下に、うるし千杯銭十億万貫あり。まことであるから掘り出せよ」と記された書があるという。
ただこのての言い伝えは全国至る所にあり信憑性の面では疑問もある。重大な秘密をわざわざ人に知られやすい形で伝承させるのは不自然では。同じ里見財宝でも安房鴨川近く愛宕山山麓、嶺岡山説の方が有力だろう。

●大久保長安の埋蔵金(神奈川県)
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=大久保長安
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地】=足柄下郡箱根町
【背景】=家康のもと、佐渡や岩見、伊豆などの金山、銀山奉行を勤めた長安は、その役職から莫大な財宝を着服したとして、死後の慶長十八年に死骸が磔となり、一族もことごとく切腹させられている。一説には奉行を勤めた金山などの半分近くを着服していたと言うから、その額は莫大だ。半分は誇張としても、磔刑の後、家康は残った者たちを尋問し、さらには実際に埋蔵金探しを行っているから相当な額が着服されたと考えていい。
そのほんの一分、七十万両が家宅捜査で発見されたが、残りの大部分は仙石原の箱根山中に眠っているという。「箱根仙石原から南に数町行った富士山のよく見える場所、黒い花の咲くつつじの木の根元」の言い伝え。
ちなみに家康が「みだりに探索や発掘してはならない」の禁令を出した。


●江戸重通の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=江戸重通
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=結城市大字小田林地内
【背景】=水戸領地を追われ義兄結城晴朝を頼って落ち延びた江戸重通が自決した古塚に埋蔵金伝説が残る。結城の新板東三十三番の二十八番目、金光寺、はたまたあやめヶ池、慶寿山大日堂、中久喜の西の城など。

●船玉洞窟の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金器
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=真壁郡関城町
【背景】=結城とは鬼怒川を隔てた対岸の船玉神社に残る埋蔵伝説。場所柄結城伝説との関連をいわれるが、こちらは黄金というより埋宝。文化的価値の高い遺構といえる。洞窟は神社の参道石段登り口のそば。

●稲木天神の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=常陸太田市天神林
【背景】=天神林の稲木天神の畑から「ちごの墓、百足曳きて黄金千枚、百足ゆいて漆千杯」の歌が刻まれた石塔が掘り出された。

●北高岡の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=行方郡北浦村
【背景】=北浦村大字北高岡には朝日観音、夕日観音があり、「朝日さす夕日輝くそのもとに黄金千杯二千杯」のおなじみの伝承が残っている。

●五台院の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=鹿島郡鹿島町
【背景】=昭和四十七年、当地で道路工事中に古銭が大量に発見された。現在の鹿島小学校はかつて鹿島宮中五ヵ寺の一つといわれた五台院の境内だったところで、永楽通宝など約五千枚が発掘された。

●西蓮寺の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=最仙上人の後援者
【埋蔵時期】=延暦年間
【埋蔵地】=行方郡玉造町
【背景】=桓武天皇の勅願により最仙上人が創建した西蓮寺という寺が玉造町にあった。ここに最仙上人の後継者の富が埋められているという。通称「西蓮寺婆さん」と呼ばれる大富豪の埋蔵金だ。

●青柳長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=青柳長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新治郡八郷町
【背景】=八郷町大字上青柳に居を構えた長者が強盗や領主から財宝を守るため埋蔵という言い伝え。「朝日さす夕日輝く……」の歌も残る。

●御器洗いの埋蔵金
【埋蔵額】=仏像、財宝
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=石岡市若松町
【背景】=常陸国分尼寺が天正十八年佐竹義宣と大掾清幹の戦の戦火で延焼。その際に寺の財宝等を御器洗いの池に投げ込んで戦禍をさけた。後に地元の百姓が畑となっていた跡地を掘り返して亡くなったという。


●金売吉次の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=金売吉次
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=足利市久保田町
【背景】=東北各地に数多く残る金売吉次の逸話は、吉次が個人ではなく奥州藤原氏を支えた陰の集団であったことを伺わせるが、足利の吉次もそういった吉次伝説の一つ。義経の供をして当地を通りかかった吉次が病を得て死亡。その塚に財宝が埋められているという。

●後山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=佐野市出流原
【背景】=出流原弁天池近くにある後山に「漆千杯、桑千杯に黄金千杯、朝日さす、夕日輝く雀の三おどり半の下にある」の言い伝え。地元の長者が娘の昇天を願って埋めたといわれる。

●五郎兵衛の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=五郎兵衛
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=那須郡小川町
【背景】=小川町梅曽の梅曽遺跡はその昔五郎兵衛と呼ばれる長者が住んでいた。その長者が盗賊に襲われ埋めていた財宝が残されたという。「朝日さし夕日輝く合歓木のもとに黄金千杯朱千杯」の言い伝え。

●代官荘の埋蔵金
【埋蔵額】=渡来銭二万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=栃木市田村町
【背景】=昭和五十三年、田村町の特別老人ホーム、代官荘で増築のための基礎工事をしていたところ、地下三メートルの所から開元通宝など二万枚の渡来銭が入った瓶が発見された。


●小栗上野介の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=小栗上野介
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=安中市上秋間
【背景】=徳川埋蔵金の立役者である上野介自身の埋蔵金伝説。江戸を離れ中山道から秋間道を上野への途上、長岩の風戸峠の山中に財宝を埋めた。

●鬼石町の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=小栗上野介
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=多野郡鬼石町
【背景】=これも上野介の埋蔵金。ただし個人の分ではなく赤城同様幕府の軍用の伝説だ。鬼石町の三波川まで軍用金を運んできた上野介が大沢山中に埋めたというもの。「大沢のアンノ木の下」

●猿ヶ京の埋蔵金
【埋蔵額】=七万五千両
【埋蔵者】=江戸幕府
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=利根郡新治村
【背景】=新治村猿ヶ京に残る幕府軍用金の埋蔵伝説。幕府御金蔵から運び出された軍用金は赤城ではなくこの地に運ばれたというもの。一説には金座からの数万両の方とも言われる。

●永井宿の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=利根郡新治村
【背景】=三国街道の宿場であった新治村永井は赤城や猿ヶ京同様の幕府軍用金伝説のほか、佐渡からの幕府の黄金、地元の豪農の私財、そして越後新発田の連隊からの埋蔵金など、いくつもの言い伝えが残されている。

●柳戸大尽の埋蔵金
【埋蔵額】=元文小判百八十五枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=館林市上三林
【背景】=かつて柳戸大尽と呼ばれる長者の屋敷があった上三林水塚跡で、古井戸の埋め立て工事中に素焼きの瓶を発見。中から元文小判百八十五枚二分銀一枚が出てきた。

●子王山の埋蔵金
【埋蔵額】=金千貫
【埋蔵者】=柴崎兵部景保
【埋蔵時期】=平将門の乱
【埋蔵地】=藤岡市下日野
【背景】=平将門の家来であった景保が子王山の頂上に築いた城跡に残る埋蔵金伝説。「朝日が早く当たり、夕日が遅くまで照らしている場所に金千貫漆千貫」の言い伝え。

●千輝家の埋蔵金
【埋蔵額】=二分金二十四枚ほか
【埋蔵者】=千輝家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=佐波郡玉村町
【背景】=玉村町上新田で住宅の新築工事中に素焼きの瓶を掘り当てた。中には二分金二十四枚ほか二朱金七枚、一分銀二千四百五枚、一朱銀七百八十枚がはいっていた。旧地主の千輝家が名乗り出て実証された。 千輝家の言い伝えには埋蔵金は三つあり、一つ目は明治30年、そしてこの時(昭和53年3月10日)が二つ目、あと一つ残っている計算とか。


●小栗上野介の埋蔵金
埋蔵額】
【埋蔵者】=小栗上野介
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=大宮市普門院
【背景】=関東各地に残る上野介の伝説。江戸を引き払い上野に向かった上野介一行が同家の菩提寺、普門院に立ち寄り幕府軍用金を境内に埋蔵したという言い伝え。各地の小栗伝説では一番の有望格か。

●森田家の埋蔵金
【埋蔵額】=小判百七枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大宮市膝子
【背景】=昭和三十五年、同地の十四代目森田家当主が庭木いじりの途中で小判百七枚、一分金六十六枚を掘り出した。

●斉藤家の埋蔵金
【埋蔵額】=元文小判四百八十九枚ほか
【埋蔵者】=斉藤家
【埋蔵時期】=元文から文政年間
【埋蔵地】=深谷市中瀬
【背景】=昭和五十四年、中瀬字延命地の旧家跡の宅地造成地から元文小判四百八十九枚が発見された。即座に旧地主の斉藤家が所有権を主張。警察の判断は二転三転、斉藤家から、国、そして最終的に斉藤家のもので決着。

●伊佐波の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭八十貫
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=川越市伊佐波町
【背景】=大正の半ば、伊佐波の細寅吉氏の畑からむしろを二つ折りにして造ったかますの中に入った寛永通宝や永楽通宝など、約八十貫の古銭が発見された。

●朝日山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=飯能市大字大河原池田
【背景】=入間川沿いの朝日山には古くから財宝伝説が伝わっている。「朝日さす夕日輝く堂平うるしが千盃朱が千盃大かんのもと」

●浄光寺薬師堂の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=越谷市大房
【背景】=左甚五郎が日光へ行く途中、一夜で建立したとの言い伝えが残る浄光寺。実はまだ未完のままでその資金が埋められているという。

●宝船の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=越谷市桜井
【背景】=その昔は間久里と呼ばれ川が流れていて、そこで宝を積んだ船が沈んでいるとの言い伝えあり。

●観音山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=日高市馬引沢
【背景】=馬引沢の観音山にある観音堂には「朝日さす、夕日輝く柊の下、黄金千枚、朱千樽」の言い伝えがある。

●小池の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=入間郡毛呂山町
【背景】=毛呂山町の大字大谷木字小池には畠山重忠の霊を祀ったという八幡神像があり、同時に埋蔵金の伝承が残っている。

●谷田の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=入間郡毛呂山町
【背景】=同じ毛呂山町の大字桂木字谷田には平将門の子孫による埋蔵金伝説があり、義経が地元の河越重貞から贈られた軍資金を埋めた等の伝承。

●万蔵寺の埋蔵金
【埋蔵額】=文政小判百九枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=入間郡越生町
【背景】=昭和四十八年、越生町大字上野字満山にある万蔵寺の下堂の屋根の葺き替え工事中に木綿の胴巻きにくるまれた文政小判や一分銀百九枚を発見。

●杉山城跡の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=比企郡嵐山町
【背景】=杉山城跡にある井戸には落城の時に財宝を投げ入れたという伝承が あり、その上に大石でふたをしているという。この大石をどけようとすると災いありと言うことで、今もそのままになっているとか。

●羽島清左衛門の埋蔵金
【埋蔵額】=十万両
【埋蔵者】=徳川幕府
【埋蔵時期】=慶応年間
【埋蔵地】=大里郡妻沼町
【背景】=勝海舟の私的文書といわれる「御軍事方萬留帳」に武蔵の国長井ノ庄の代官羽島清左衛門に幕府ご用金の保管を依頼する記載がある。清左衛門の子孫が妻沼町の大字善ヶ島にあり、また埋蔵絵図面も残っている。

●宝珠花の埋蔵金
【埋蔵額】=一分金など千五百五十両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北葛飾郡庄和町
【背景】=昭和三十二年、庄和町の宝珠花は時ならぬゴールドラッシュに。地元の駐在所に一枚の二朱金が持ち込まれたことから江戸川岸は埋蔵金探しの人々であふれ、実際に計千五百五十枚もの天保小判などが発見された。ちなみにこのうちの千枚は発見者が猫ばばしていたことがばれて横領罪に。

●奥秩父の埋蔵金
【埋蔵額】=銅銭八千五百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=室町時代
【埋蔵地】=秩父郡大滝村
【背景】=平成二年大滝村の大黒山山麓で銅銭約八千五百枚が発見された。その前にも何回か発見されており、合計で二万枚にも及ぶという。永楽通宝や朝鮮通宝などの渡来銭から、室町時代の埋蔵と推定。

●長瀞光明寺の埋蔵金
【埋蔵額】=小判三十八枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=江戸時代
【埋蔵地】=長瀞町野上下郷
【背景】=平成十四年七月二十九日、長瀞町野上下郷の光明寺で瓶に入った小判三十八枚が発見された。境内で排水管の工事を行っていた左官工が偶然発見したもので、いわれ等は一切伝承無し。


●美加保丸の埋蔵金
【埋蔵額】=十八万両
【埋蔵者】=榎本武揚
【埋蔵時期】=明治元年
【埋蔵地】=銚子市黒生海岸沖
【背景】=榎本武揚率いる旧徳川幕府の軍艦八隻が品川を脱走し、北海道を目指したが、銚子沖で暴風雨に見舞われ美加保丸が座礁沈没。この船には軍資金など十八万両が積み込まれていたという。後にたびたび引き上げが行われ、船首部分などが回収されたが肝心の財宝の行方は知れないまま。

●土気城の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金二千八百枚
【埋蔵者】=酒井康治
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=市原市金剛地
【背景】=秀吉の関東攻めに際して落城した上総の土気城の埋蔵金伝説。埋蔵に関わったといわれる成島家の子孫が偶然黄金の在処を示す古文書を発見。以来多くの人間が古文書の謎に挑戦している。「西之庫酉縁の下石櫃砂中小判三 ヒイフク フクライ 黄金貳阡八百枚 むしはらむ」の謎分。

●金山城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=東条氏
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=鴨川市太田
【背景】=太田字金山にあった金山城は里見義実に落城させられたが居城にしていた東条氏がその際宝を埋蔵したというもの。

●東松崎の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=香取郡多古町
【背景】=多古町松崎の松崎神社には北条塚、仁志塚、大塚、加志塚、遠見塚、金銀塚、普多津塚の塚があり、そのうち金銀塚に埋蔵金伝説がある。

●法華寺の埋蔵金
【埋蔵額】=
【埋蔵者】

【埋蔵時期】
【埋蔵地】=長生郡長南町
【背景】=東身延山藻原寺を開山した日向上人の隠居寺である法華谷の坂本法華寺に「本山藻原寺に大変事ありし時、再建のために使用すべし、もし異変なきとき発掘すると目がつぶれるの」上人の言葉とともに埋蔵金伝説が。


●だらだら長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=生井屋久太郎
【埋蔵時期】=安政年間
【埋蔵地】=新宿区筑土八幡町
【背景】=筑土八幡の境内に隣接する場所にだらだら長者と呼ばれる豪邸があった。実はそれは日本橋の米問屋、久太郎の隠れ蓑で米の買い占めによる裏の利益を蓄財していたという。その久太郎が毒殺され埋蔵金の絵図が残された。町奉行監視の下の発掘では油樽入りの小判千二百枚を発見。

●村田平十郎園の埋蔵金
【埋蔵額】=金座からの新鋳小判
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=幕末
【埋蔵地】=荒川区三河島
【背景】=維新の争乱で没落した植木屋、村田平十郎の庭園を手に入れた下谷の魚政が整備中に新鋳小判百枚を発見。金座から避難させた徳川幕府のご用金の一部とみられている。

●本郷の埋蔵金
【埋蔵額】=小判五十五枚、二朱金九枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=文京区本郷
【背景】=東大の正門近く、かつて阿部伊豫守の屋敷があったところから昭和四十六年、駐車場の工事中に偶然小判などを発見。工事人以外にも通行人などが発見して持ち帰ってしまったと考えられ判明した枚数が上。

●湯島天神の埋蔵金
【埋蔵額】=一万両
【埋蔵者】=駿河屋
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=文京区湯島三丁目
【背景】=江戸の油問屋、駿河屋が子孫のためと一万両を江戸本郷の湯島台に埋めたもの。後の文化十年、多母沢事件という変死事件でこの埋蔵金探しが発覚している。駿河屋の子孫お吉佐の持っていた絵図面が騒動の発端に。

●由井正雪の埋蔵金
【埋蔵額】=数万両
【埋蔵者】=逆部主水
【埋蔵時期】=慶安年間
【埋蔵地】=文京区湯島
【背景】=駿河の紺屋に生まれた由井正雪が1651年に起こしたクーデター「慶安の変」で首謀者の一人だった丸橋忠弥の部下の逆部主水が担当した軍費数万両を湯島天神境内に埋蔵。同僚だった殿方格之助が受け取った 絵図をもとに探索したが見つからず、後に岡引一族らが探した記録あり。

●ヤマトノーフの埋蔵金
【埋蔵額】=ロシアの財宝
【埋蔵者】=増田甲斎
【埋蔵時期】=慶応年間
【埋蔵地】=港区白金台
【背景】=遠州掛川藩士、甲斎はロシアに密航、ヤマトノーフと名乗り大学の教授や外交官として活躍。このときに蓄財したロシアの財宝を日本に持ち帰った後、死期を悟り白金の源昌寺に埋蔵したという。

●陣五郎の埋蔵金
【埋蔵額】=六千両
【埋蔵者】=松本陣五郎
【埋蔵時期】=元禄年間
【埋蔵地】=港区芝二本榎
【背景】=江戸の高利貸し、陣五郎が蓄財した埋蔵金。陣五郎は近火で焼死。後に土蔵を調べたが、小判はなかったかとから埋蔵の言い伝えに。

●芝の埋蔵金
【埋蔵額】=慶長一分金三百二十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=港区西応寺町
【背景】=昭和三十八年、万才自動車建築現場から慶長一分金三百二十枚が発見される。

●鹿島屋の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千九百枚、二朱金七万八千枚
【埋蔵者】=鹿島屋清兵衛
【埋蔵時期】=天保年間
【埋蔵地】=中央区新川一丁目
【背景】=江戸から昭和と二百年に渡ってこの地で酒問屋を営んだ鹿島屋の先祖が埋めたもので、発見された埋蔵金では最大級のものといえる。昭和三十八年日清製油本社ビルの改築現場で作業員が一分を発見、鹿島屋の子孫が名乗り出て、さらに多くの埋蔵金が発見された。天保小判、二朱金。

●銀座の埋蔵金
【埋蔵額】=小判二百八枚、一分金六十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中央区銀座六丁目
【背景】=昭和三十一年、銀座の小松ストアーの改築工事現場から積み出された土砂の中から、慶長小判四十八枚、正徳小判五十三枚ほか、小判二百八枚、正徳一分金二十三枚、亨保一分金十九枚ほか一分金六十枚。

●数寄屋橋の埋蔵金
【埋蔵額】=元文小判六十八枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中央区銀座西四丁目
【背景】=昭和三十二年、富士銀行数寄屋橋支店建築現場から元文小判六十八枚が発見される。

●石川家の埋蔵金
【埋蔵額】=二分金二百三十一枚ほか
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中央区京橋一丁目
【背景】=かつて北槙町と呼ばれた当地の米穀商石川家で土蔵の改築工事中に瓶が出土。中から二分金二百三十一枚、一分金八枚、一朱金百十二枚二朱金百九十二枚が入っていた。

●富士見町の埋蔵金
【埋蔵額】=天保五両判六枚、小判百一枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=千代田区富士見町
【背景】=昭和四十一年、喫茶店の改修工事中に素焼きの壺を発見。中から天保五両判六枚と小判百一枚がでてきた。

油問屋駿河屋の埋蔵金
【埋蔵額】=小判一万枚
【埋蔵者】=油問屋駿河屋
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=千代田区神田淡路町
【背景】=子孫のためにと埋蔵したもの。湯島天神境内の埋蔵金にも駿河屋が埋めたという説がある。

●浅草の埋蔵金
【埋蔵額】=天保一分銀千八十六枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=台東区浅草菊屋橋
【背景】=昭和三十二年、第一信託銀行菊屋橋支店の建築現場から天保一分銀千八十六枚が発見される。

●元浅草の埋蔵金
【埋蔵額】=二分金六百枚ほか
【埋蔵者】=石井家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=台東区元浅草
【背景】=ビルの工事現場から金貨が詰まったカラスビン三本が発見された。中には二分金六百枚、二朱金千六百枚。所有者が数名現れたが結局は警察の調査で関係なく、寝耳に水の石井家の子孫が判明したという。

●寛永寺御隠伝の埋蔵金
【埋蔵額】=小判一万両
【埋蔵者】=徳川幕府陸軍奉行松平太郎
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=台東区根岸鶯谷
【背景】=幕府の風雲急に陸軍奉行松平太郎は御用金一万両を、彰義隊のブレーンだった寛永寺執当覚王院義観に託した。再起のために埋蔵した場所は寛永寺宮別邸の鶯谷御隠殿の“枝垂れの井戸”の底。

●根岸御行松の埋蔵金
【埋蔵額】=小判五万両
【埋蔵者】=徳川幕府
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=台東区根岸
【背景】=こちらは金座から板橋宿へと運んだといわれる十七万五千両のうち五万両を彰義隊の軍資金に充てるため、根岸の中村金八の控え屋敷の地下に埋蔵したというもの。明治に入って幕臣鵜沢孝太郎の手記から判明。

●有明の埋蔵金
【埋蔵額】=慶長小判三十五枚
【埋蔵者】
埋蔵時期】
【埋蔵地】=江東区有明二丁目
【背景】=海岸の埋め立て地で中学生がゴミの中から慶長小判を拾ったことから騒動に。結局全部で三十五枚の慶長小判が発見された。

●中野長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=中野長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中野区中野
【背景】=都内の埋蔵金としては最古といわれる。中野長者が子孫のために埋めたという。淀橋成子付近で歌われた「朝日さす…」の起こりとも。

●三宝寺池の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鞍
【埋蔵者】=豊島泰経
【埋蔵時期】=文明年間
【埋蔵地】=練馬区石神井台
【背景】=城北一帯で覇を競った豊島氏、その豊島泰経が太田道潅に落城させられ、その時に白馬に金の鞍をおいて三宝寺池に沈んだという。

●伊豆大島の埋蔵金
【埋蔵額】=小判九十枚、一分金四十三枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=伊豆大島沖
【背景】=昭和三十二年、伊豆大島の漁師が水深十五メートルの海底から小判八枚を引き揚げ、これを聞いた島民が競って探し最終的に小判九十枚一分金四十三枚が発見された。この大島沖には寛文年間の功天丸、宝永年間第二伊予紋丸、元文年間の明神丸の三隻が宝を積んで沈没しているという。

●江戸城の黄金井戸
【埋蔵額】=十万両相当の黄金
【埋蔵者】=徳川幕府
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地】=千代田区千代田
【背景】=慶長十二年、江戸城の天守閣を築いた当時に作られた井戸に、万が一の備えに十万両相当の黄金を埋めたといわれる。のちに本丸再建の用に掘り出されて今はないとの説や財政逼迫で使ってしまったとか。また、掘り出されはしたが本丸跡の地下に埋め直した、という説も。


●早丸号の埋蔵金
【埋蔵額】=メキシコ銀六万ドルほか
【埋蔵者】=仙台藩
【埋蔵時期】=慶応年間
【埋蔵地】=横須賀市久里浜沖
【背景】=幕末のどさくさに仙台藩が海事訓練用にと英国から購入した機帆船、早丸号に幕府は財宝の搬出を以来。その早丸号がこともあろうに久里浜沖の海驢島で座礁沈没してしまった。積荷は分かっているものだけでも メキシコ銀六万ドル、伊予別子銅山産マナコ銅約百四万斤、奥州産青銅製器約百四十万斤、黄金灯籠、大判、小判五十万両という途方もない額に。

●ネオーダ号の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=アメリカ軍
【埋蔵時期】=明治元年
【埋蔵地】=横須賀市観音崎沖
【背景】=アメリカ軍艦ネオーダ号は、僚船とともに武器、弾薬を官軍に売り帰国途中、観音崎沖で英国の汽船ポンペイ号と衝突沈没。官軍からの代金を積んだまま沈んでいる。

●浪花屋の埋蔵金
【埋蔵額】=三千両
【埋蔵者】=五郎右衛門
【埋蔵時期】=明暦年間
【埋蔵地】=川崎市多摩区宿河原
【背景】=江戸日本橋の大棚、両替商の浪花屋が明暦の大火で類焼。この時五郎右衛門という下男が五千両を預かり、二千両で主人一家の供養をし、残りの三千両をいつでも身寄りに渡せるよう宿河原に埋めたという。

●源義経の埋蔵金
【埋蔵額】=奥州砂金
【埋蔵者】=源義経
【埋蔵時期】=鎌倉時代
【埋蔵地】=相模原市南端
【背景】=義経が、頼朝に恐れられて鎌倉入りができなかったことは有名だが この時、義経が無念の涙で持参の土産の砂金をこの地に埋めたという。 「朝日が当たり、夕日がはえ、雀がちゅんちゅん鳴くところ、大釜いっぱい 鍋いっぱい」の言い伝えあり。

●小山田小太郎の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千両
【埋蔵者】=小山田小太郎
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=相模原市上矢部
【背景】=小山田小太郎という武士が財宝をここの地に埋めたという伝承。「朝日さし夕日輝く木の下に、黄金千両、漆万杯」の歌も伝わる。

|

◎中部地方の埋蔵金

Tyubu
●穴山梅雪の埋蔵金(山梨県)
【埋蔵額】=黄金まるどう、たけながし
【埋蔵者】=穴山梅雪
【埋蔵時期】=天分年間
【埋蔵地】=南巨摩郡身延山麓
【背景】=百十九貫という莫大な黄金を算出し武田家を支えた、信玄の「牛の金鉱」黒川金鉱。この財力をバックに信濃、駿河、西上野、遠江と勢力圏を広げた信玄だが、戦略道路として有名な「棒道」を作り、その各所に軍資金を分散して埋蔵したという。
その作業を実際に担当したのが信玄の姉の子で勝頼とはいとこの関係にある梅雪だったのだ。「武田三代軍記」によれば家康に内通していたと言われるが、勝頼との軋轢が離反を決心させたのかもしれない。それはともかく、梅雪は行く末の配慮からか棒道の軍用金を独自に移し替えたのだ。
信長伐たれるの報に引き返す梅雪だったが土民に襲われ命を落としてしまう。この時の土民のリーダーが梅雪の「武功緑」に記載されていた埋蔵場所を調べ、一分を発見。しかしその親分も子分に狙われ落命。そして時代は下って明治時代に入って偶然子孫が「千馬の槍」の柄に隠された古文書を発見。「隠し湯の湧きて流る窟穴を、のぼりて指せや……」で始まる秘文をとくと、信玄の湯治場、下部温泉が浮かび、そして埋蔵地は樹海、本栖湖畔、一枚岩の洞穴……。

●佐々成政の埋蔵金(富山県)
【埋蔵額】=四十九個の壺、百万両
【埋蔵者】=佐々成政
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=上新川郡大山町
【背景】=秀吉と戦った織田信雄側についた富山の佐々氏。しかし信雄は勝手に秀吉と講和してしまい、困った成政は同じ信雄側についていた家康の説得に当たるため、雪の立山連峰越えを計った。有名な成政の「雪のアルプス越え」だ。
加賀の前田、越後上杉、飛騨金森と秀吉側に囲まれた成政最後の賭ともいえるものだった。つまりは家康の説得に失敗すれば滅亡の運命が待っていた。そこで成政は佐々氏の財宝の埋蔵もかねて出発したのだ。冬のアルプスを甲冑を着けた武者姿でしかも、黄金百万両を積めた四十九個の壺を持参しての行軍は想像を絶するものがある。
事実、富山を発った時の家臣六十数名が信濃にたどり着いた時、わずか六、七名だったという。ただすべてが冬山の犠牲となったのではなく、七カ所に分散して埋めたという宝を守るため残ったのでは。この埋蔵金が世に知れ たのは、重臣の子孫というものが一部を発見、また、山岳研究家と名乗る男と鉱夫の物語など多くの事実が現れてきている。さすがに分散して埋めたというだけあり、大山町の鍬崎山ほか針ノ木峠、有峰の里などの説が。

●帰雲城の埋蔵金(岐阜県)
【埋蔵額】
【埋蔵者】=内ヶ島兵庫頭氏理
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=大野郡白川村
【背景】=埋蔵金と言うよりは、埋没金。沈没船の場合と一緒で、不慮の災害により、財宝が埋もれてしまった例の代表ともいえるのがこの帰雲城だろう。
楠正成の弟正氏の末裔といわれる内ヶ島家。その内ヶ島家の居城帰雲城が天正十三年、山津波により三百戸あまりの城下とともに一瞬にして埋没してしまったのだ。まさに全滅。天正大地震によるものだった。
もともと内ヶ島氏は長野の松代の出で、足利義政の命で白川郷に移って来たもので、一帯は砂金のたい積による紫金鉱が多く見られ、財政的にも重要な拠点だった。金山が九つ、銀山が二つ有り、名古屋の金鯱や京都の 銀閣寺の銀もここから産出したものを使ったと言われるのだ。その財力は秀吉も目を付け、金森氏に越後出兵中の留守を狙わせたほど。このときは秀吉の遠謀のためか城に戻ることができたが、それも金銀の産出を条件に であった。
その黄金と帰雲城が埋まっていると見られるのが、帰雲山の東側斜面で、現在も崩れた山肌が見られる。

●前野小平治の埋蔵金(愛知県)
【埋蔵額】=大判、小判
【埋蔵者】=前野小平治
【埋蔵時期】=天保年間
【埋蔵地】=知多郡南知多町
【背景】=備州内海の回船問屋、前野小平治は知多半島南端で商才と地の利を生かし、五代目小平治の頃には有数の回船問屋として成功していたが、その小平治に数十万両の借金を抱える尾張藩にとっては目の上のなんとか、の存在となっていた。
ときあたかも天保四年の大飢饉で関東、東北を中心とした凶作に見回れ、江戸の台所は火の車に。奉行はついに米商人や回船問屋に協力を求めたが、江戸の商人達にとっても無い袖はふれず状態。そこに登場したのが小平治というわけ。江戸の難儀を救った小平治は一躍脚光を浴びた。しかしこれが命取りとなったのだ。
尾張藩には貸ししぶりをするくせに、江戸には気前良く。いっそのこと潰して借金を帳消しに、という策謀につながってしまった。ただ小平治も切れ者みすみす取りつぶされてたまるかで、めぼしい財宝のすべてを埋蔵して対抗したのだ。こうして小平治の埋蔵金伝説が生まれた。
後に末裔が傾いた同家を立て直すためと、発掘を試みたがついに発見できなかった。埋蔵地は没収される恐れのある屋敷内ではなく、裏の高宮神社境内か。


●旭町の埋蔵金
【埋蔵額】=元禄小判ほか小判十三枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新潟市旭町
【背景】=昭和三十九年、新潟地検の検事正公舎の塀を修理中のため松を掘り起こしたところ元禄小判一枚を含む小判十三枚を発見。

●夕日長者の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】=夕日長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新潟市五十嵐三の町
【背景】=三の町にある銭山という塚を掘った農夫が、かつて当地に居を構えたという海賊の夕日長者が埋めたと見られる古銭を発見。

●八石城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=毛利大万之助淨広
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=柏崎市善根
【背景】=八石山にあった毛利大万之助淨広の居城が攻められ落城した時財宝を埋めたという言い伝え。

●沢辺下の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭四百十五枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新津市南町
【背景】=昭和十六年、南町沢辺下の国鉄新津車両工場の敷地から古銭が発見された。中国銭四百十五枚。ほかにもあったが一部は持ち去られた。

●沢辺下の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二万八千五百八十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新津市南町
【背景】=同じ沢辺下の下屋敷というところでは明治三十四年に萬年通宝や富寿神宝など皇朝銭を含む古銭二万八千五百八十枚が発見されている。

●中山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=新津市大字田家字中山
【背景】=銭瓶沢と呼ばれる地に銭を積めた壺があるとの言い伝えがあり律儀男に埋蔵場所のお告げがあったが、それを欲張り男が聞き込み掘りに行ったところ壺の中は蜂で、怒った欲張り男が律儀男の家に投げ込むと中身は銭に変わっていたという。昔話調の埋蔵金の言い伝え。

●小栗上野介の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=小栗上野介
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小千谷市吉谷
【背景】=関東各地に残る小栗伝説だがここ小千谷市にも埋蔵金伝説が。実は赤城は発見される可能性が高いと見た上野介は越後に移したという。「越える峰後ふりければ吉か凶、谷なき渡る四羽の子鳥」の謎から「越後吉谷四子」つまり小千谷在吉谷の四ツ子となるという。

●水掘長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=水掘長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=十日町市水掘
【背景】=水掘まんじゅうと呼ばれた長者の家には「宮栗平の一六三の木の下に、金銀の鍬と鎌、朱が千貫、銭が千貫埋めてある」の言い伝えがあり、トウの木の元を掘ったが何もでなかったという。

●船越の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=五泉市大字船越字北住吉
【背景】=明治二十一年、苗代作業中に中国の古銭が詰まった壺三つを掘り当てた。

●山賊岩井沢小弥太の埋蔵金
【埋蔵額】=金延べ棒
【埋蔵者】=岩井沢小弥太
【埋蔵時期】=戦国時代
【埋蔵地】=岩船郡朝日村
【背景】=上杉謙信の時代、まだ隠し金山だった高根金山に根城を持つ盗賊岩井沢小弥太が討伐にあった際、逃走途中の円吾山に金の延べ棒を埋蔵したという。小弥太は実在の人物といわれ目印は白い岩ツツジ。

●江端の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭数百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北蒲原郡水原町江端
【背景】=昭和五十八年、新築工事中の現場から重さ十キロ、数百枚の古銭が出土、箱館通宝や仙台通宝などの古銭も混じっていたという。

●四つ橋長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北蒲原郡水原町外城町
【背景】=昔四つ橋長者の屋敷があったという畑からかます一俵の古銭が発見された。

●雷城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中蒲原郡村松町大字水戸野
【背景】=雷城の落城の時、千両箱や黄金の風見鶏を埋めたという。目印は白南天の木。

●小木城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=三島郡出雲町大字相田
【背景】=小木城が落城の際に蘇枋(すおう)の木の根本に財宝を埋めたという言い伝え。この木は海から見えるが、森に入ると見つからない。

●糠塚の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万四千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=南魚沼郡塩沢町糠塚
【背景】=糠塚古墳のそばから、中国の銅銭六十種、朝鮮、安南の銅銭一種、一万四千枚が発見された。

仙石の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=南魚沼郡塩沢町仙石
【背景】=仙石の百姓が雪の日にお地蔵様に被りものを供えた。御利益で六十貫の銭を得たが、八幡宮の榎の下八カ所に分けて埋めたという。

●室島の埋蔵金
【埋蔵額】=小判三十七枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=中魚沼郡川西町室島
【背景】=昭和三十二年、畑の中から享保小判三十七枚と一分金二枚が発見された。

●味方但馬の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=味方蔵
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=佐渡郡佐和田町大字市野沢
【背景】=佐渡相川鉱山の山主の一人、味方但馬の墓に黄金伝説が残る。

●川端の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭三十貫
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=佐渡郡真野町大字四日町字川端
【背景】=大正十五年、畑から祝部式大瓶が出土し、中から古銭三十貫が出ている。

●加茂の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=加茂市
【背景】=昭和五十一年、浄化槽の工事をしていた作業員が古銭の入った壺を発見。開元通宝、太平通宝、元祐通宝など一万枚が入っていた。二十年ほど前にも同じような古銭が発見されていたという。


●三千坊の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鶴千羽
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=氷見市仏生寺字脇之谷内
【背景】=高岡市との境にそびえる三千坊山の中腹にある真言宗が、同じ山中の御田神社を襲ったとき、神社が社宝、黄金の千羽鶴を埋めたもの。

●船見の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭三千五百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=下新川郡入善町舟見字小柴
【背景】=昭和四十七年、農地整備中に中国古銭三千五百枚の入った壺を発見している。

宮崎の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭四十キロ
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=下新川郡朝日町宮崎明石
【背景】=大正十二年、北陸線越中宮崎駅そばの畑から朝鮮通宝四枚を含む開元通宝、宣徳通宝四十キロを発見。

●三枚橋の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭千百枚
【埋蔵者】
埋蔵時期】
【埋蔵地】=下新川郡朝日町三枚橋字天戸
【背景】=昭和二十六年、耕地作業中古銭の入った壺を発見。中から開元通宝、永楽通宝など千百枚の古銭が出てきた。

●川崎屋の埋蔵金
【埋蔵額】=慶長小判七百枚
【埋蔵者】=川崎屋伊左衛門
【埋蔵時期】=宝暦年間
【埋蔵地】=東礪波郡福野町
【背景】=明治三十四年、慶長小判七百枚が詰まった壺が発見されたがこれは伊左衛門が宝暦年間に埋めたものという言い伝えが残っていた。

●“歴史国道”の埋蔵金
【埋蔵額】=小判十二枚、硬貨合計千二百九十五枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小矢部市
【背景】=平成一四年三月、小矢部市の工事現場で、直径約三〇センチの瓶が出土。中から小判を始め硬貨合計千二百九十五枚が発見された。現場は国土交通省が進める旧道保全のプロジェクト“歴史国道”整備事業地で、かつての街道筋の富裕層が埋蔵したものと推測される。


●富樫政親の埋蔵金
埋蔵額】
【埋蔵者】=富樫政親
【埋蔵時期】=長享年間
【埋蔵地】=金沢市高尾
【背景】=長享二年、加賀の高尾城守、富樫政親は一向宗徒を中心とした一向一揆に襲われ落城。その時に政親が財宝を城内奥深くに埋めた。

●八つ塚の埋蔵金
【埋蔵額】=九億八千万貫
【埋蔵者】=藤原師基
【埋蔵時期】=建武年間
【埋蔵地】=金沢市御所
【背景】=加賀の国司藤原師基が館を構えた御所には、師基が任地を離れる時に八つ塚に財宝を牛車に積んで埋めたという言い伝えが残る。

●温井紹春の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=温井紹春
【埋蔵時期】=天文年間
【埋蔵地】=輪島市別所谷町天堂山
【背景】=備中の守、温井紹春は、穴水城主長続連の茶会の席で毒殺されたが、急を知った家臣達が財宝を天堂城の一角に埋めたという。

●八伏山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=輪島市大野町
【背景】=大野町八伏山には七堂伽藍の威容を誇っていた真言寺があったが、謙信に攻められ、この時財宝を埋蔵したという。毎年元旦に黄金の鶏が鳴くという。

●春日野の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=珠洲市室立町春日野
【背景】=春日野の法住寺と白山神社近くに財宝を埋めたという銭ヶ塚があり、元旦に「漆千杯、塩千杯、黄金の鶏が七番」と鶏が鳴くという。

●上山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=珠洲市若山町
【背景】=若山町上山の別惣家が主君落城の時、財宝を七頭の馬に運ばせ高つぼり山に埋めた。「朝日ちらちら夕日ちらちら」の場所。

●熊坂長範の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=熊坂長範
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=加賀市熊坂町
【背景】=大盗賊長坂長範の埋蔵金伝説。熊坂領内の橋の架け替え工事中「朝日さし夕日輝く木のもとに、漆千片朱千片、こがね折敷七折敷、子孫の為に埋置」と刻まれた石碑を発見。「七谷越へて七山目、二葉柳の下」


●朝倉義景の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=朝倉義景
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=福井市一乗谷
【背景】=信長の野望に屈することなく、信を貫き通して結局は天正元年に始まった三年に渡る戦で滅びてしまった朝倉だが、最後を覚悟した義景が財宝を城の近くの「あんぐり岩」と呼ばれる地と一乗谷に埋蔵したという。

●麻生の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=敦賀市奥麻生
【背景】=応仁の乱をさけ京からこの地に逃げてきた老夫婦と娘が追手に討たれてしまったが、後に屋敷近くの土手に金銀を入れた朱塗りの壷の埋蔵伝説が伝わった。又六という者が掘り出したという説も。

●深山寺の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=敦賀市深山寺
【背景】=経ヶ鼻という地に真内長者が残したという埋蔵金伝説がある。
「朝日さし夕日輝く経ヶ鼻の筋向かい、漆千駄、朱千駄、黄金の鎖が千たぐり、細縄八束、銭いっぱい、白いやどめの下にある」。

●西福寺の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=敦賀市三島町
【背景】=応安年間、西福寺開基の良如上人が地中から和同開珎百三十三枚、銀の錫、銅の鉢を掘り出し、舎利殿に納めさせたという。

●杣山城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=武生市南条町阿久和
【背景】=杣山城に残る埋蔵金伝説。「朝日さす夕日さす白いやどめの下に黄金の壷がある」。

●大安禅寺の埋蔵銭
【埋蔵額】=永楽通宝、元豊通宝、皇宋通宝など銅銭五十種、十一万五千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=明應九年(1500年)七月
【埋蔵地】=福井市田ノ谷町
【背景】=平成十八年四月十二日、臨済宗妙心寺派の大安禅寺で猪よけの柵を修理していた檀家達が偶然顔を覗かせていた備前焼の大甕を発見。中から中国渡来の銅銭が大量に出てきた。一緒に発見された“木簡”から埋蔵年が判明するという埋蔵時期が確定できた貴重なケースとなった。


●木曽義仲の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=木曽義仲
【埋蔵時期】=寿永年間
【埋蔵地】=木曽郡楢川村
【背景】=頼朝同様、源氏正統の血をひきながらわずか十日の天下という悲運の将軍、木曽義仲。上洛さえしなければ、全国諏訪神社からの寄進や木曽谷の自然をに囲まれた幸せな道が選べたはず。それはともかく義仲が 討たれたことにより、木曽に残された大量の軍資金が埋蔵されたという。
その場所は朝日ヶ嶺麓の隠れ城。

●竹山砦の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=長野市松代町
【背景】=千曲川沿いの象山にあった竹山砦にいた長者の埋蔵金伝説。「朝日さす夕日かがやくその下に黄金千両朱千杯」。

●五本杉の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=弘法大師
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=諏訪市諏訪大社上社
【背景】=「吾れこの山に金は瑠璃の鉢に千杯、朱は金の瓶に千杯、漆は水晶の壷に千杯を埋める。もしこの伽藍が大破するときはみずからきて再建するであろう」との弘法大師の言葉が残る諏訪大社。

●郷土の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小諸市郷土
【背景】=かつて江堂と呼ばれた地に金掘塚があった。「江堂江堂三江堂中の郷土に金がある」との言い伝えが残っている。

●乗瀬の埋蔵金
【埋蔵額】=小判六枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小諸市乗瀬
【背景】=昭和三十三年、農夫が畑の端にあった桃の木の根元を掘ると慶長小判六枚が出てきたという。

●柏木家の埋蔵金
【埋蔵額】=小判十五枚ほか
【埋蔵者】=柏木家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小諸市一ツ谷区
【背景】=昭和四十九年、柏木家で改築の際、床下から文政小判十五枚一分金十枚、文政豆板銀十五枚、寛永通宝一枚の入った茶碗を発見。

中挟の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭八貫
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=塩尻市片丘中挟
【背景】=大正七年、桑畑で仕事をしていた農夫が古銭八貫が詰まった瓶を発見。宋銭が主で二十六種。

●吉田若宮の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭七万四千七百六十一枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=塩尻市広丘吉田若宮
【背景】=昭和五十六年、宅地造成中の土地から古銭七万四千七百六十一枚が出土した。

●諏訪神社の埋蔵金
【埋蔵額】=蛭藻金十一枚ほか
【埋蔵者】=大祝金刺昌春
【埋蔵時期】=永正年間
【埋蔵地】=諏訪郡下諏訪町久保
【背景】=昭和十年、諏訪神社秋宮近くの教塚植樹の時に偶然に蛭藻金十一枚、金粒三十一個を発見。上社頼満に攻められた下社、大祝金刺昌春が復興に備えて埋蔵したものとみられる。

●浅間矢場の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭
【埋蔵者】=石田刑部
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=高遠町東高遠
【背景】=かつて矢場があった月蔵山。享保年間に農夫が古銭を発見。また安政六年には五十八種、八万六千五百五十八枚の古銭が出土した。

●村上義清の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=村上義清
【埋蔵時期】=天文年間
【埋蔵地】=埴科郡戸倉町大字磯部
【背景】=北信濃で五百年の歴史を誇った豪族村上氏は、信玄に滅ぼされたが、その居城だった葛尾城に埋蔵金伝説が残っている。落城に瀕した義清が城内の地下室に財宝を隠したという。

●熊坂長範の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=上水内郡信濃町
【背景】=石川県加賀市に残る大盗賊熊坂四郎長範の埋蔵金伝説が、ここ信濃町の長範山にも伝わっている。その名の通り長範山には、長範の玉石というのがあり、奪った財宝をこの岩の下に隠していたという。


●黒岩の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭五万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=加茂郡坂祝町
【背景】=坂祝町黒岩で耕地整備中に大瓶を発見。中から永楽通宝、宣徳通宝、大観通宝など二十種、五万枚の古銭が出たきた。

●堂洞城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=岸勘解由
【埋蔵時期】=永禄年間
【埋蔵地】=美濃加茂市下蜂屋
【背景】=斉藤龍興に仕えた美濃の蜂屋庄の住人、岸勘解由は、永禄八年信長の美濃侵攻に抗して破れ、落城の際に財宝を埋めたという。「朝日さす夕日かげらふ堂洞城に、こがねざっくりかくし置く」。

●間関峠の埋蔵金
【埋蔵額】=五千両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=永禄年間
【埋蔵地】=美濃加茂市伊深町
【背景】=堂洞城同様、信長に攻め落とされた鵜沼城から脱出した残党が伊深に逃れ、間関峠に軍用金を埋めたというもの。

●小那比の埋蔵金
【埋蔵額】=百万両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=郡上郡八幡町
【背景】=八幡町小那比の長者が黄金を埋めたという言伝え。「朝日照る夕日さすこの木の元に、黄金埋めおく百万両」。

●神戸町の渡来銭
【埋蔵額】=古銭一万三千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=安八郡神戸町
【背景】=昭和五十二年、揖斐川近くの砂利採取場で唐銭「開元通宝」や宋銭「太平通宝」などが詰まった壷を発見。その数およそ一万三千枚。


●武田信玄の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金延べ棒
【埋蔵者】=武田信玄
【埋蔵時期】=天分年間
【埋蔵地】=塩山市鶏冠山
【背景】=天分年間に実に百十九貫三百七十匁の黄金を産出した記録が残る「信玄牛の金鉱」黒川金鉱。秀吉同様、急に採鉱を止め、坑道の一つに軍資金を埋蔵したというもの。黒川谷付近。

●武田信玄の埋蔵金
【埋蔵額】=
【埋蔵者】=穴山梅雪
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大月郡笹子
【背景】=甲州から上野に出る戦略道路の要衝、笹子峠。その笹子峠の地蔵小坂に武田家の軍資金の一分が埋められているというもの。

●武田勝頼の埋蔵金
【埋蔵額】=三十万両
【埋蔵者】=武田勝頼
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=韮崎市大草町
【背景】=悲運の将、勝頼が新府城を立ち退くときに、城内に埋蔵したといわれるもの。家臣の長坂釵閑が実行者で、後に秀吉の命で甲府領主となった浅井長政が城内の捜索を行ったが発見できなかった。

●武田勝頼の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=武田勝頼
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西八代郡本栖湖
【背景】=武田家滅亡に瀕した勝頼が、部下に命じて武田家財宝を本栖湖に沈めたというもの。信玄の財宝伝説でも本栖湖はキーワードに。

●舂米の埋蔵金
【埋蔵額】=金塊二万本、慶長小判ほか
【埋蔵者】=小栗上野介、大久保石見守とも
【埋蔵時期】=幕末、徳川初期とも
【埋蔵地】=巨摩郡増穂町
【背景】=各地に残る小栗埋蔵金伝説の一つ。知行所でも無いこの地に伝えられたのは妾宅が有り、庶子忠広が居たからという。忠広の子、秀守が厳しい追及を逃れ、二十六歳になったとき、家臣多田徳次郎から埋蔵金の秘密を明かされる。それによれば、幕府御用金は上州のほかに富士川をさかのぼり釜無川と笛吹川が合流する鰍沢で陸揚げされ舂米に埋蔵されたという。出土物から徳川初期のものという説も強い。

●勝沼氏邸跡近郊から黄金出土
【埋蔵額】=蛭藻金二枚、小粒金十八個ほか
【埋蔵者】=勝沼氏
【埋蔵時期】=永禄年間
【埋蔵地】=東山梨郡勝沼町上岩崎
【背景】=勝沼の観光ブドウ園の地中から偶然黄金が。一体の発掘から蛭藻金二枚、小粒金十八個、永楽通宝、開元通宝、宜徳通宝、洪武通宝、嘉定通宝などの渡来銭約五千枚が出土した。現場は勝沼氏の館があったといわれる場所の近く。また、近くを流れる日川の崖からも小粒金二十個が出土したという情報も。

●平八郎長者の埋宝
【埋蔵額】=砂金多量
【埋蔵者】=平八郎
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=富士川源流、鶏冠山麓
【背景】=武田の埋蔵金とも関連する鶏冠山。国師岳の麓に住む平八郎という猟師が鶏冠山で“黄色い砂”を発見、妻に教えられるまで砂金と知らなかったという。この砂金を集めて洞窟に隠した


●香貫の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=沼津市上香貫、下香貫
【背景】=かつて香貫一帯には九十九塚の古墳群があり、埋蔵金の伝承も残されている。「朝日さす夕日かがやく柿木の下に黄金千盃二千盃」。

●釈迦堂の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=沼津市西野字霞釈迦堂
【背景】=愛鷹山の中腹にある釈迦堂に残る長者の黄金伝説。「朝日さす夕日かがやくこの所、黄金千盃朱千盃」。こちらも古墳群が存在した。

●今宮の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=富士市今宮
【背景】=昭和四十七年、雑木林の中から徳川幕府が通用を禁止した永楽銭など二十六種、四百三十枚あまりが発見された。

●縄地の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=賀茂郡河津町縄地
【背景】=大久保長安の時代に最盛期を迎えた縄地金山、その金山に残る財宝の伝説。「朝日さし夕日輝くゆずり葉の下に黄金千杯、数千杯」。

●武田信玄の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=武田信玄
【埋蔵時期】=元亀年間
【埋蔵地】=引佐郡細江町
【背景】=元亀三年、三万二千の大軍を率いた信玄が三方ヶ原の戦い後当地で陣を張ったが、その時に軍用金の一部を密かに埋めさせたという。

●細田杢右衛門の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=細田杢右衛門
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=引佐郡細江町油田
【背景】=細江町に残るもう一つの言い伝えは家康に関するもの。今川勢に捕らわれそうになった家康を一人の老婆が大かごに隠して救い、そのお礼にと、老婆と息子の杢右衛門に土地と金を授けたという。これが埋蔵金の元に。「朝日さし夕日かがやく虎の尾に黄金千ばい二千ばい」。



●小金下の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西加茂郡三好町
【背景】=三好町大字莇生字小金下に金の茶釜の埋めらているという埋蔵金伝説が「朝日さす夕日……」の歌とともに残っている。

●小笠原監物の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=小笠原監物
【埋蔵時期】=徳川時代初期
【埋蔵地】=西春日井郡清洲町
【背景】=関ヶ原の戦い後清洲城の城主となった松平忠吉の重臣、小笠原監物が忠吉の死後、お家が断絶に際し主家復興を願って埋蔵。享保年間に村人が慶長大判など六十枚を掘り当てたとの古文書あり。

●木曽川の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭七千五百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=津島市
【背景】=昭和五十六年、木曽川でシジミ取りをしていた漁師が川底から壷を引き揚げた。中から永楽通宝など三十五種、七千五百枚の古銭が出てきたのだが、県境の川だったことから愛知県と岐阜県で管轄を巡って紛糾問題となった。「埋蔵物」か「沈没品」にあたるかも争点の一つに。

●松平分家の墓所から小判
【埋蔵額】=慶長他小判四十三枚、享保、正徳他一分金百十七枚、太刀、美術品など
【埋蔵者】=深溝松平家
【埋蔵時期】=徳川時代初期
【埋蔵地】=額田郡幸田町深溝
【背景】=平成二十一年五月十四日、幸田町深溝の本光寺で発掘調査をしていた本光寺深溝松平家東御廟所調査会が、深溝松平家第七代当主、松平忠雄の墓から小判四十三枚、一分金百十七枚など、多数の副葬品を発掘したと発表した。

|

◎近畿方の埋蔵金

Kinki


●多田銀山の埋蔵金(兵庫県)
【埋蔵額】=四億五千万両
【埋蔵者】=豊臣秀吉
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地】=川辺郡猪名川町
【背景】=二度目の朝鮮出兵の後病に倒れた秀吉が、豊臣家の将来を案じ 大阪城内の金蔵にあった四億五千万両を、多田銀山に埋蔵したという。
源氏の祖、多田満仲が開いたという歴史を持つ多田銀山。源氏を潤し、 そして秀吉も黄金の千成り瓢箪に代表される富の裏付けとなった優良鉱山 多田銀山を突然閉山し、坑道の奥深く瓢箪間歩に巨万の富を埋めたのだ。
実際の監督に当たったのは金山奉行幡野三郎光照と帰化人技術者、今川 賀蔵(民振竜)で、一部は大阪冬、夏の陣で消費されたが大半は残された ままで、後に幡野の遺書などにより、埋蔵金の事実が知れ渡り、その額の 多さと数々の「秘文書」の存在などにより、一躍注目の的となった。
八門遁甲によって隠された埋蔵金を説くカギとなる秘文書は「幡野三郎 光照遺書」光照の子の「和田二郎光盛文書」そして振竜の「水抜き秘法」 そして、淀君に預けられた肝心の「清水心竜之巻」と絵図三葉だ。

●明智光秀の埋蔵金(滋賀県、京都府)
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=明智光秀
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地1】=大津市琵琶湖
【埋蔵地2】=亀岡市亀山城跡
【埋蔵地3】=北桑田郡京北町
【背景】=常に信長に対する裏切り者として描かれる明智光秀。しかし、 それはあくまで後に勝者側が描いたもの。実際は魅力あふれる人物だった という研究家も多い。
それ以上に驚くのは秀吉に伐たれたのは実は陰武者 で、実際は生き延びているという見方あるだ。後に天海僧正として家康の 冬の陣を助けたという説まである。そして光秀埋蔵金伝説が絡んでくる。 生き延びた光秀は財をなして「護法救民のために宝を埋めた」という。
その護法救民の書の中に「身をも名も 惜しまねばこそ 松のみとりいろ 濃き 弥生空 くちなは頭の影をふむ 岩戸苗のその下に こかね三百 しろかね千貫」の歌が残っている。埋蔵地と考えられているのは、家臣の 能見晴長が琵琶湖に沈めたという説と、元光秀の支城だった亀山城跡、 京北町の光秀の菩提寺、滋眼寺近くに埋めたというものなどがある。

●海猫小多八の埋蔵金(兵庫県)
【埋蔵額】=五万両
【埋蔵者】=小多八
【埋蔵時期】=文化年間
【埋蔵地】=洲本市由良
【背景】=愛媛県の項で取り上げている竜王丸にも関連するのが瀬戸内海 で「海猫の小多八」と呼ばれた海賊の埋蔵金の伝説だ。
竜王丸の沈没の理由がもう一説あり、実は小多八が手下を使って船底に穴を開けたという ものなのだ。後に竜王丸に積まれていたはずの藩の刻印打ち小判が出現。 元をたどると、小多八の元から出たものとわかり、やはり小多八が沈めた こと判明したが、殺したと思い込んだ手下との争いやなにやらで宝の引き 上げが露呈したもの。
小多八は住居とした淡路島の由良海岸に近い柏原 山麓、中津川と相川の中間の海岸沿いに宝の一部を埋めていたという。 そして後に、生き残った子分の子孫が発見、小判百枚と、黄金の延べ棒 とともに絵図が現れ、分散した場所が描かれていたという。
ただ竜王丸の 財宝とすれば五万両あまり、すべてを淡路島に運び出すのは困難なはずで 大半は芸予諸島付近の無人島に隠した可能性が高いという説も。

●尼子氏の埋蔵金(兵庫県)
【埋蔵額】=軍用金
【埋蔵者】=尼子氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=佐用郡上月町
【背景】=永禄九年、尼子氏は毛利元就に囚われの身となったが、家臣で あった山中鹿之介らの、お家再興を期した活動が始まり、ついに信長の 中国攻めの機会に秀吉の配下となり尼子氏は復活。しかし、信長軍と毛利 軍の上月城を巡っての攻防戦で孤立。ついに鹿之介も最後を迎えるのだが そこに埋蔵金伝説がつたわっているという。
尼子主従がこの上月城に 軍資金を埋めたというのだ。ただこれには異説もあり、敵方の本来の城主 上月十郎景貞によるもの、という説だ。有名な赤穂浪士とはまた違った 播州の主家再興を計る忠節の士、として描かれた鹿之助伝説の真贋は。
「朝日輝く夜招く 一本松の下を掘れ 黄金あり」。


●虫生の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭三千九百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=野洲市中主町
【背景】=昭和四十四年、中主町虫生の改築中の宅地から壺が掘り出され 中から古銭三千九百枚が出てきた。銭種は中国銭を始め寛永通宝まで。

●蓮光寺の埋蔵金
【埋蔵額】=小判六十枚、一朱金百五十七枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=近江八幡市加茂町
【背景】=天台真盛宗の蓮光寺で庫裏の建て替え中に白磁の壺を発見。 中から文政小判六十枚、一朱金百五十七枚が入っていた。


●北畠国司の埋蔵金を発掘
【埋蔵額】=蛭藻金十枚、百一匁の黄金
【埋蔵者】=北畠国司の家臣か
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=松坂市垣鼻町
【背景】=伊勢街道沿いの古刹、信楽時にほど近い通称稲荷山から壺に入っていたと思われる蛭藻金十枚と純金の刀飾りなど百一匁の黄金が発見された。稲荷山 は古墳の跡と思われるが、それとは全く時代が下り、この地の落ち延びてきた北畠国司の家臣、長野氏による埋蔵、または奉献の黄金ではないかとみられてい る。

●南在家の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=鈴鹿郡関町
【背景】=上洛しようとした伊勢平氏が霊山を迂回するため加太南在家の 村人に間道を案内してくれたお礼と「おしきせんばなわせんば」という 宝を村の有事に使うようにとの言葉とともにくれたものを埋めたという。

●長者屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=鈴鹿市広瀬町
【背景】=当地に住んでいた長者が「村が困ったら、この石の下を掘れ」 といい残して宝を埋蔵した伝説。金敷という地名が残っている。

●古墳から無文銀銭出土
【埋蔵額】=無文銀銭
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=七世紀中期
【埋蔵地】=鈴鹿市加佐登町
【背景】=1976年7月、七世紀中期の横穴式石室を持つ第二号古墳から“和同開珎”よりも古い直径3センチの“無文銭”が発見された。当初は装飾品とみられたが、他の古墳よりも出土していることから銀銭と断定。

●阿児の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=志摩郡阿児町
【背景】=阿児町鵜方に伝わる黄金伝説。村が困ったときに掘れという 言い伝えで、黄金の箕、鶏が埋まっているという。

●長者屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の釜
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=志摩郡磯部町
【背景】=磯部町沓掛には黄金の釜と金の鶏を納めた岩があるという。 沓掛の民家が困ったとき、その鶏が飛んできて黄金を降らしてくれる。

●的矢美作守の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=志摩郡磯部町
【背景】=磯部町的矢には美作守が残した軍資金の伝説がある。再興の 資金として「朝日さす夕日輝くその下に、黄金千両あり明の月」の歌が。

●三林家の埋蔵金
【埋蔵額】=三万両
【埋蔵者】=三林氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=員弁郡東員町
【背景】=本願寺勢力に荷担する一揆軍を攻撃する信長に陥落させられた 六把野城の城主、三林氏がお家再興を期して軍用金三万両を埋蔵、の 古文書が残っている。

●明和の埋蔵金
【埋蔵額】=慶長小判十五枚
【埋蔵者】=岩本家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=多気郡明和町
【背景】=昭和三十四年、旧家の農業岩本家で自宅裏の藪の中から慶長 小判十五枚を掘り出した。岩本家の先祖が万一を考えて埋めたものか。


●聚楽第の埋蔵金
【埋蔵額】=慶長小判七枚、一分金二十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=京都市上京区
【背景】=昭和三十年代、千本通りの聚楽第跡で水道工事中の作業員が 慶長小判七枚、一分金二十枚を発見。

●足利尊氏の埋蔵金
【埋蔵額】=八万両
【埋蔵者】=足利尊氏
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=船井郡丹波町
【背景】=丹波町字下山小字蕨にある大福光寺に残る言い伝えによれば 四国に逃げる途上の尊氏が軍資金の埋蔵場所を「花の木の下八万両」と 住職に言い伝えて去ったという。

●坪井の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鎖
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=船井郡丹波町
【背景】=丹波町大字富小字坪井の神社の一角にある塚には黄金の鎖 七ひろ半(約十三メートル)が埋められているという。

●梅原家の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万二千五百枚
【埋蔵者】=梅原家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=綾部市寺町
【背景】=昭和二十七年、大本教の社殿建設現場で古銭を発見。中国銭 六十三種、一万二千五百枚が出土。梅原家の言い伝えにもあったもの。

●豊里の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=綾部市豊里町
【背景】=豊里町福垣の旧家で屋敷の石垣を修理中古銭を発見。中国銭 四十種、二千枚あまりが出ている。

●金剛寺の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=綾部市坊口町
【背景】=坊河内村(丹波)と市原村(丹後)の旧国境にかつては 何鹿郡西国第二十五番札所の滝倉山金剛寺があって、「行けば左戻れば 左、朝日輝き夕日照らす檐の木の下に黄金千両」の歌を彫った石像が。

●菟原下の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭六千三百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=天田郡三和町
【背景】=昭和四十六年、三和町菟原下小字久保で檜の植林中に古銭を 発見。中国銭三十五種、六千三百枚が出てきた。

●三山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二百九十一枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=室町時代中期から後期
【埋蔵地】=竹野郡丹後町
【背景】=昭和五十二年、丹後町字三山小字水林で土砂の採取中に古銭を 発見。中国銭二百九十一枚。北宗銭がほとんどで開通元宝も入っていた。

●1万枚を超す埋蔵銭
【埋蔵額】=南北朝時代の銅銭一万一千九百四十三枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=南北朝時代
【埋蔵地】=京都府舞鶴氏北田辺
【背景】=平成八年、舞鶴市内で最も古い寺の1つとされる引土の円隆寺の門前から、地中に埋まっていた一万一千九百四十三枚という京都府北部では最多とい える銅銭が発見された。かつて当地は港の近くに位置し商いが盛んに行われていたといわれ、商いで財をなした豪族が埋めたものか。舞鶴市の文化財に指定され た。

●鞍馬から出土した渡来銭
【埋蔵額】=中国からの渡来銭八十七種、三万八千三百六十四枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=南北朝時代
【埋蔵地】=京都府左京区鞍馬二ノ瀬町
【背景】=平成十年二月四日、裏庭の石垣を積み直すため庭木を掘り返して発見。大半が中国唐の渡来銭で、紀元前の古銭から一三一〇年の至大通宝まで八十七 種、三万八千三百六十四枚を数えた。奈良時代に国内で和同開珎や渡来銭を模して鋳造された“模鋳銭”も含まれていた。かつては鞍馬街道の要衝の地だったと いわれる。


●弘法大師の埋蔵金
【埋蔵額】=金の鶏
【埋蔵者】=弘法大師
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北市町
【背景】=弘法大師が掘ったという大井戸に金の鶏が埋められている という言い伝え。元旦にその鶏が鳴くとか。

●杉山古墳の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鶏
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=奈良市大安町
【背景】=大安町杉山の杉山古墳には黄金の鶏が一番埋められており、 元旦に塚から出て鳴くという。

●西大寺の埋蔵金
【埋蔵額】=金貨二十五枚ほか
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=奈良市西大寺
【背景】=昭和十二年、西大寺宝丘町から開基勝宝二十五枚、金塊一個、 金の延べ板一枚、銀製盤二枚などを発見。真言律宗総本山があった所。 開基勝宝は「幻の金貨」と呼ばれる日本最古の金貨で寛政六年に一枚だけ 発見され、皇室の宝物となったが真贋が問われていたもの。

●寺谷の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭九百十四枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=御所市葛重坂
【背景】=吉野山と金剛山の中間に位置する葛重坂字寺谷を開墾中に 古銭を発見。開元通宝など九百十四枚。

●朝日寺の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金一千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=天理市佐保庄町
【背景】=当地の朝日寺の境内に「三つ葉うつぎ」という奇木があり、 「朝日寺の三つ葉うつぎのそのもとに、黄金千枚後の世のために」の歌。

●打木野長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=吉野郡西吉野村
【背景】=西吉野村打木野にも三つ葉打木の言い伝えが残っている。 「朝日さす夕日さす三つ葉打木のその下に、小判千枚後の世のため」。

●守宮長者の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=吉野郡下市町
【背景】=下市町広橋字中村の守宮山にある守宮塚に地元の長者が嫁に 出したくなかった娘を小判千枚とともに埋めてしまったという。

●谷家の埋蔵金
【埋蔵額】=大判、小判
【埋蔵者】=谷家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=北葛城郡王寺町
【背景】=昭和四十二年、旧家の土蔵改修の際、床下から古丹波の壺が 発見され、中から享保大判一枚、天保五両判、小判五十枚が出たという。


;
●下内膳の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万二千七百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=洲本市下内膳
【背景】=昭和十七年、小学校の建設中に大壺に入った古銭を発見。 鎌倉以降の五十五種、一万二千七百枚。下内膳遺跡と名付けられた

●阿保親王の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=阿保親王
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=芦屋市打出春日町
【背景】=当地にある古墳は阿保親王が村人のため、飢饉になったら掘る ようにと、財宝を埋めたという。「朝日さす入日輝くこの下に、金千万瓦 万枚」の歌も残っている。

●中道子山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=孝橘氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=加古川市志方町
【背景】=赤松氏の一族、孝橘氏の居城、中道子山城は秀吉の播磨攻め で落城させられたが、その際財宝を埋蔵したという。「朝日照る、夕日 輝く木の下に、瓦千枚、金千枚」。「八重が谷」との説も。

●唐船島の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=赤穂市尾崎
【背景】=瀬戸内海に突き出た唐船島沖で唐船が宝物を積んだまま沈没。 千種川のたい積で埋まり現在は陸続きになってしまったという。

●長尾山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭四十二枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=宝塚市雲雀丘山手
【背景】=昭和十九年、開墾中の畑から皇朝銭が発見された。和同開珎、 万年通宝、神功開宝など四十二枚。

●安倉の埋蔵金
【埋蔵額】=大判五枚ほか
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=宝塚市安倉北
【背景】=明治四十四年、畑の開墾中に金貨の詰まった大壺を発見。 中から天正大判五枚、慶長丁銀、切銀などが出てきた。

●堂坂遺跡の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭十九万四千八百三十六枚
【埋蔵者】=珠光山宝山寺
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=宝塚市大原野中部
【背景】=中学校の運動場の整備中に少女が古銭を発見。大人達が探すと 五つの壺に万年通宝などの皇朝銭、後漢の五銖銭などの中国銭など全部で 十九万四千四百三十六枚と我が国二番目の量の古銭が発見されている。

●青葉城の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=恒屋氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=城崎郡竹野町
【背景】=竹野町字城山にはかつて恒屋氏の青葉城があったが、その恒屋 氏が秀吉軍と水生城で戦い破れたとき、城守たちが財宝を埋蔵して逃げた という。「朝ひ夕ひ、七ひさす、おなだかもりの下に黄金の鶏を埋める。 節分の夜、子の刻にこの鶏は一声鳴く」の言い伝え。

●安田家の埋蔵金
【埋蔵額】=純金の十三羽の鶏
【埋蔵者】=安田家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=城崎郡香住町
【背景】=香住町奥安木の安田家に伝わる埋蔵金伝説。先祖の奥安木城主 安木和和泉守が秀吉の山陰攻めの時に落城させられ、その時埋蔵した。 「朝日さし夕日輝く竹の元」に黄金の鶏十三羽。

●生野銀山の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=豊臣秀吉
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=朝来郡生野町
【背景】=生野町の一ノ谷の生野銀山に勘定奉行幡野三郎を使って多田 銀山同様に軍資金を埋めさせたとういもの。

●念仏堂の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=千光寺住職
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=津名郡五色町
【背景】=五色町鮎原塔下の念仏堂は千光寺の住職が隠居した所で祠堂金 を埋蔵。「もし千光寺が壊れ再建が難しいときは、この黄金を掘れ」と。

●寺屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭五万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=穴栗郡安富町
【背景】=安富町塩野字藤谷の通称寺屋敷の土地改良中に古備前の瓶を 発見。中から開元通宝や紹定通宝など三十種、五万枚の古銭が出てきた。

●日本橋の埋蔵金
【埋蔵額】=小判九十六枚ほか
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大阪市南区日本橋
【背景】=昭和四十九年、北陸銀行大阪南支店の新築工事中に地中から 文政小判九十六枚、一分金、二分金合わせて二百四十三枚が発見された。

●堂ヶ峯の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=岸和田市積川町
【背景】=積川町橋宝はかつて和泉市池田の明王院の大念仏廻在寺院が あったと言われるところで、堂ヶ峯に埋蔵金伝説が残っている。「朝日の あたる、夕日のあたる、清水の上のつつじの木の根かたに」の言い伝え。

●袖取坂の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=岸和田市畑町
【背景】=畑遺跡で知られる歴史を持つ当地に「泉州畑町袖取坂で小判 千両後のため」の言い伝えで埋蔵金伝説が残っている。

●西琳寺の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の平瓦二枚
【埋蔵者】=西琳寺
【埋蔵時期】=天正時代
【埋蔵地】=羽曳野市古市
【背景】=信長軍に占領された西琳寺が直前に寺宝が没収されるのを防ぐ ため、黄金の瓦を持ち出そうとしたが間に合わず、井戸の中に投げ込んだ という。井戸は五つあり、後に探したが発見できなかったという。

●高石の埋蔵金
【埋蔵額】=丁銀四十三本
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=高石市
【背景】=昭和三十八年、丁銀四十三本が掘り出された。

●靫南通の埋蔵金
【埋蔵額】=小判百数十枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大阪市西区
【背景】=市電の軌道工事中に元文小判、文政小判百数十枚を発見。
;


●観音寺の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=和歌山市栄谷
【背景】=観音寺の後ろにある山の中に黄金千枚、甲冑が埋めてある という言い伝えが残っている。

●つむじ風剛右衛門の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=剛右衛門
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=和歌山市友ヶ島
【背景】=瀬戸内海を荒らし回った海賊、つむじ風の剛右衛門。回船問屋 という表の顔と、海賊という裏の顔を使い分けて荒稼ぎ。その財宝を 埋めたという伝説。海猫小多八同様淡路島説もあるが、ここ和歌山にも。

●亀島城の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千両、大判万両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=御坊市湯川町
【背景】=湯川町丸山の亀山城跡に残る埋蔵金伝説。落城に際して「朝日 さす、夕日かがやくサルタの木の下に、小判千両大判万両」。

●鳥屋の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千両大判万両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=東牟呂郡古座川町
【背景】=古座川の支流の東岸にある鳥屋の森山に残る埋蔵金伝説。 「朝日さす、夕日かがやくサルタの木の下に、小判千両大判万両」。

●重畳山の埋蔵金
【埋蔵額】=金の瓦千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=東牟呂郡古座町西何
【背景】=空海が開基といわれる神王寺がある重畳山、そこに「庵岩」 と呼ばれる巨石があり、この石の場所に金の瓦千枚が埋まっている。

|

◎中国、四国地方の埋蔵金

Tyugoku_Shikoku


●鳴門茂衛門の埋蔵金(香川県)
【埋蔵額】=海賊の財宝
【埋蔵者】=鳴門茂衛門
【埋蔵時期】=江戸時代初期
【埋蔵地】=小豆郡小豆島水神社
【背景】=中世の一大商圏として瀬戸内海地方は数々の歴史を重ねて きているが、それに伴って数々の埋蔵金伝説の舞台ともなっている。
頃は徳川三代将軍家光の頃、鳴門茂衛門という大海賊が瀬戸内海で 権勢を欲しいままにしたことが記録されている。海賊家業で稼いだ財宝を 元に、表の商売へと転身を考えていた茂衛門は、財宝の大半を小豆島の 水神の社付近の二つの洞窟に隠したという。そして子分を処分しよう したが、逆に自身も殺されてしまい残った二人の子分によって埋蔵金の 言い伝えが残された。
もちろん二人は埋蔵金を探したのだが見つからず、 そして時代は明治に下ってその子分たちが書き残した古記録から発掘を 試みた男が、その一つと思われる洞穴を発見。しかし、そこには白骨と わずかに小判十二枚が残っていただけだったという。

●村上水軍の埋蔵金(香川県)
【埋蔵額】=海賊の財宝
【埋蔵者】=村上氏
【埋蔵時期】=天正年間
【埋蔵地】=小豆郡小豆島皇踏山麓
【背景】=同じ瀬戸内海の海賊でもこちらは時代は遡って豊臣秀吉の 四国攻めに際し、本拠地の能島城を滅ぼされた大海賊村上氏の埋蔵金だ。
別名「村上水軍」と呼ばれるほど瀬戸内海に影響力を持った一大勢力で 海賊と言うより一つの国といえる規模だったことが伺える。この村上氏が 財宝を埋めたというのが小豆島の皇踏山麓ということになっている。
倭寇と呼ばれる海賊全盛時、朝鮮や中国沿岸にまで遠征して略奪してきた 財宝だから、額としてはダントツだろう。だだ、小豆島伝説には疑問視を するものが多い。それは東の小早川軍に襲われながら、自身は屋代島に 逃げた村上氏が、何故東に二百キロ離れた小豆島に大切な財宝を隠したか ということ。瀬戸内海には無人の島も多く、隠すには事欠かないはず。

●藤原純友の埋蔵金(香川県)
【埋蔵額】=財宝の詰まった大壺九十九個
【埋蔵者】=藤原純友
【埋蔵時期】=天慶年間
【埋蔵地1】=香川郡女木島
【埋蔵地2】=香川郡櫃石島
【背景】=瀬戸内海の埋蔵金伝説では最古の部類に入るのが、伊予の豪族 出身の藤原純友の埋蔵金だ。
承平年間、任官していた伊予掾の立場から 海賊の追補中に海賊側に寝返ったという経歴を持ち、以降日振島を本拠に 九州、瀬戸内海そして内陸地方までを荒らし回った純友。平将門の挙兵に 時をあわせて手下五千とともに反乱の軍を起こした。いわゆる純友の乱で 一時は京都に迫る勢いを見せたが天慶年間に造反により政府軍にとらわれ 処刑された。その純友が稼いだ黄金を九十九個の大壺に入れて瀬戸内海の ある島に隠したという言い伝えだ。
いくつかある説のうち一つが高松沖合四キロのところに 浮かぶ女木島だ。昭和に出た古文書から、鬼々島がターゲットとなり、 桃太郎伝説も持つ女木島が一躍脚光を浴びたというのだ。
もう一つの説は 備讃諸島の櫃石島で、近くの松島には純友神社があり、釜石島には純友の 築いた城跡もある。九十九個の大壺はいずこに。

●竜王丸の埋蔵金(愛媛県)
【埋蔵額】=小判五千両、金地金四万五千両
【埋蔵者】=竜王丸
【埋蔵時期】=文化年間
【埋蔵地】=芸予諸島伯方島から因島
【背景】=明治十二年、境の旧家から出た古文書に、西国諸藩のご用船 竜王丸が黄金を積んだまま文化年間に沈没と記されている。他の古記録 にも同様の記載が残っているので沈没は確かで、その場所は芸予諸島の 伯方島から因島の間といわれる。
そして明治十八年には付近で小判八枚と 黄金の延べ棒二本が海底から拾い上げている。さらには明治二十六年、 佐木島で小判三枚と延棒四本を発見、明治四十二年には因島近くの海底で 小判十八枚と、相次ぐ発見にいよいよ竜王丸の宝が、と期待されたが 小判の鑑定などで荷主の藩印がなかったりして無関係と結論つけられた。
ただこれは、もう一つの埋蔵金伝説、海賊、小多八一味が関係する(これ については近畿の埋蔵金の項を参照)いずれにしても竜王丸の沈没自体は 確かである。今も黄金は海底に眠っているのだろうか。


●西伯の埋蔵金
【埋蔵額】=元文小判四枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西伯郡西伯町
【背景】=昭和五十五年、当地の旧家の庭先で元文小判四枚を発見。 旧家でダム工事による移転のため庭をいじっていて偶然発見したもの。

●名和の埋蔵金
【埋蔵額】=金の茶釜
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西伯郡名和町
【背景】=同じ西伯郡で名和町の大字御来屋に埋蔵金伝説が残っている。 当地の長者跡継ぎが無く金の茶釜を山に埋めたという。


●金敷寺の埋蔵金
【埋蔵額】=金の鶏
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=井原市笹賀町
【背景】=かつて七堂伽藍を持つほどに威容を誇った南斗山金敷寺。 この金敷寺と裏山にある竪穴式古墳に埋蔵金伝説が残っている。金敷寺の 寺宝、金の鶏が埋まっているというもの。

●将監の埋蔵金
【埋蔵額】=千両箱七つ
【埋蔵者】=将監長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=阿哲郡哲西町
【背景】=哲西町矢田に住んでいた将監という長者の残した埋蔵金伝説。 矢田の大奥谷の金岩というところに七つの千両箱を埋めさせたという。 埋蔵をさせた七人の首をはね、その場所を七人御崎というとか。

●金近の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の七つの甕
【埋蔵者】=金近長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=阿哲郡哲西町
【背景】=同じ哲西町の上神代には金近という長者の同様な言い伝えが 残っている。七つの甕を七人に担がせて埋蔵、七人は殺してしまった。 その七人の霊を祀る七人御崎と、同一内容のものとなっている。

●弘田の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鶏
【埋蔵者】=弘田長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=阿哲郡阿哲町
【背景】=阿哲の言い伝えの一つ。こちらは阿哲町の川南後高下のもの。 弘田という長者が財宝を隠すために七人を使って埋蔵後殺してしまった。 その場所を七人御崎という。ここでは夜更けに金の鶏が出るとも。

●石井家の埋蔵金
【埋蔵額】=一分銀四十二枚
【埋蔵者】=石井家
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=笠岡市吉田
【背景】=平成二年、室町時代から続く旧家の壁から古銭が現れた。 一分銀四十二枚が埋められていた。先祖が万一を考えて塗り込めたもの。


●村松内膳の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=村松内膳
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=松江市西尾町
【背景】=一介の浪人から身を起こし松江松平家の家老となった村松 内膳直賢が西尾町に別荘を新築したとき、松の根本に埋蔵したという。

●青杉城の埋蔵金
【埋蔵額】=軍用金
【埋蔵者】=佐波顕清
【埋蔵時期】=正平年間
【埋蔵地】=邑智郡邑智町
【背景】=高師泰が岩見平定に乗り出した南北朝時代、青杉城を守る 顕清の重臣たちがお家再興を目的に軍用金を現在の大字滝原に埋蔵。 白南天、あるいは芍薬のある場所という。

●山中鹿介の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=山中鹿介
【埋蔵時期】=永禄年間
【埋蔵地】=能義郡広瀬町
【背景】=中国地方の一大勢力毛利氏と対立した尼子氏。その尼子氏の 家臣、山中鹿介が尼子再興に立ち上がったが無念にも敗走。その時に 大根山山中に軍資金を埋蔵したというもの。目印は白南天。


●志和の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭九十キロ
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=東広島市志和町
【背景】=昭和五十九年、山陽自動車の建築現場から大瓶に入った古銭 約九十キロが掘り出された。開元通宝や元豊通宝、政和通宝、公武通宝、 永楽通宝など、十二種、数万枚が埋蔵されていた。

●岩谷山の埋蔵金
【埋蔵額】=金の観音、壺、椀
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=広島市東区
【背景】=かつて伊勢の漁師が石仏を引き上げ、これに導かれて岩谷山に 岩谷寺を建立、金無垢の観音を祀ったという。そして岩谷山が地震で崩れ すべて埋まってしまったという。金の鶏が埋蔵地を教えるという。

●銀山城の埋蔵金
【埋蔵額】=金の茶釜
【埋蔵者】=武田信実
【埋蔵時期】=天文年間
【埋蔵地】=広島市安佐南区祇園町
【背景】=毛利勢に攻められた銀山城の武田信実が落城に際して金の 茶釜を埋めたという。目印は白南天。

●八ツ尾城の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金の鶏
【埋蔵者】=山名和泉の守守清
【埋蔵時期】=室町時代末期
【埋蔵地】=府中市出口町
【背景】=八ツ尾城の城主守清は落城の時黄金の鶏一対と財宝を埋めた。 明治時代になってこの伝説を元に掘ると確かに財宝が出たが、掘った人に 災いが降りかかり、元に埋め戻すことでやっと助かったという。

●平景清の埋蔵金
【埋蔵額】=軍用金
【埋蔵者】=平景清
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=豊田郡安芸津町
【背景】=壇ノ浦の合戦で敗れた平景清が落ち延びてきてこもった といわれるのが安芸津町太田の宇井坂山城跡。ここに景清が立ち去る時に 埋めたという軍用金の伝説がある。目印は白い椿。

●湯木岩根の埋蔵金
埋蔵額】=黄金の鳥一番
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=比婆郡口和町
【背景】=京都の本願寺の古文書の中から「備前の国恵蘇郡湯木村の 如来堂の柿木の下に石櫃があって、黄金の鳥を一番、朱に染めて埋めて ある」とかかれているのを発見。口和町大字湯木岩根のことという。

●仁平の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二十三キロ
【埋蔵者】=仁平
【埋蔵時期】=江戸時代初期
【埋蔵地】=福山市山野町
【背景】=当地の農機具販売業者が路肩が崩れて顔を出していた古銭を 発見。その量は約二十三キロ。寛永通宝ほか十数種、およそ一万枚。 節約家の農夫がこつこつとためた金の言い伝えがあったところとか。


●大内氏の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=大内
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=山口市鴻峰城跡
【背景】=百済の聖明王の王子琳聖太子を先祖とする大内氏。周防の国で 覇をきそったのは源平の合戦で新興武士団の潮流に乗ったからだが、 三十一代目当主、義長が鴻峰城を築城途上で滅びたときに埋蔵金伝説が 残されている。毛利軍に追い落とされた義長は軍資金を埋めたという。

●蓮花寺の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=大内氏
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=山口市大宮町
【背景】=大宮町竜花の瑞陽寺はかつて蓮花寺と呼ばれ大内氏の氏寺 だったという。大内氏が陶氏に攻められたときこの寺に軍資金を隠した との言い伝えだ。埋蔵された金の鶏の声を聞いたものは死ぬとか。

●ナイル号の埋蔵金
【埋蔵額】=ダイヤの王冠ほか
【埋蔵者】=英国皇室
【埋蔵時期】=大正時代
【埋蔵地】=熊毛郡上関町近海
【背景】=大正天皇の即位のお祝いにと、英国皇室からの王冠や首飾りを 積んだ英国船ナイル号が瀬戸内海の祝島の近くで岩礁に乗り上げ沈没。 時価にして一億七千万円相当のダイヤの王冠がまだ引上げられてない。

●朝日長者の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千両
【埋蔵者】=朝日長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=岩国市楠町
【背景】=楠町中津村の薬師堂には黄金千両、朱砂、漆各千盃を埋めた との言い伝えが残る。埋めた主は朝日長者で「朝日さす夕日かがやく其の 下に金千盃漆千盃」の歌も残っている。


●勝賀城の埋蔵金
【埋蔵額】=金の茶釜
【埋蔵者】=香西氏
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=高松市鬼無町
【背景】=中世に当地を支配した豪族香西氏の勝賀城に残る埋蔵金伝説。 城内の井戸跡に金の茶釜を埋めたというもの。

●長福寺の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭九千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=文明年間
【埋蔵地】=大川郡志度町
【背景】=志度町鴨部の長福寺が本堂改築工事中、地中から古銭の 詰まった瓶を発見。中には中国の古銭を中心に九千枚が入っていた。

●ぶよも長者の埋蔵金
【埋蔵額】=金
【埋蔵者】=ぶよも長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=小豆郡池田町
【背景】=茂右衛門の埋蔵金に隠れてしまっているが、小豆島の池田町 大字中山に残る長者伝説。ぶよも長者と言われる長者が金銀財宝を 四十九個の瓶に入れて埋めたという。ある時正直な農夫が一つを発見、 祟りをおそれて埋め戻したが目がつぶれて亡くなってしまったという。

●海崎城の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金
【埋蔵者】=海崎氏
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=三豊郡詫間町
【背景】=海崎氏は後に長尾氏と改姓したが長宗我部氏に伐たれた時、 元の居城だった海崎城に財宝を埋蔵したという。その場所は井戸という。


●ソロモン王の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=ソロモン王
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=三好郡東祖谷山
【背景】=ソロモン王といえば古代イスラエルを支配した巨万の富を 誇った貿易王。そのソロモン王の埋蔵金がなんと日本にあるという説。 聖書研究家の碩学高根正教授が渡日説を唱えて話題となった。ヨハネ 黙示録の中に出てくる御座が剣山で四国が黙示録の説明に合致したとか。

●剣山の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=平氏落人
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=三好郡東祖谷村
【背景】=同じ剣山伝説でも信憑性の高いのはこちらの平氏落人伝説。 屋島の戦いで敗れた平氏が安徳天皇を奉じて阿波の秘境祖谷に隠れた。 その兵士たちが後の世の再建資金として軍資金をこの地に埋めたという。

●国高屋敷の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二万六千三百三十八枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=阿南郡長生町
【背景】=昭和二十九年、長生町荒井字七見通で河川改修工事中に古銭 六十一種、二万六千三百三十八枚を発見。

●日和佐五万枚の古銭
【埋蔵額】=古銭五万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=海部郡日和佐町
【背景】=昭和五十一年、杉林の馬道工事中に直径約二メートル、厚さ五十センチ、重さなんと一トンにもなる古銭を掘り起こした。寛永通宝などが一つの固まりになってしまっていたが約五万枚とか。

●海南の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭七万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=海部郡海南町
【背景】=昭和五十四年、新築工事現場から大瓶を発見。中から開元通宝 など渡来銭ばかり古銭三十二種、七万枚が現れた。

●神山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万五千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=名西郡神山町
【背景】=昭和五年、自宅の敷地を掘っていた人が、海南同様の渡来銭、 約一万五千枚を掘り出したことを、海南のニュースを知って公表。

●蒲生田岬の埋蔵金
【埋蔵額】=小判三十枚、金の延べ板
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=那賀市椿泊
【背景】=天正十四年、椿泊の沖合でアワビ取りの漁師が岩場に挟まって いた小判一枚を拾ったことから次々と発見され、小判が総計三十枚以上、 金の延べ板などが発見された。沈没した長曽我部氏か土佐藩のご用船か。


●国分寺の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭二百枚ほか
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=今治市国分鳥越
【背景】=当地の農夫が開墾中に和同開珎二百枚や仏像、鏡などを掘り 当てたという。その一部というものが国分寺に残っているという。

●泊の埋蔵金
【埋蔵額】=一万五千両
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=越智郡吉海町
【背景】=吉海町大字泊の三兄弟が開墾中に壺を発見。中から粒金と 古文書が。それは森内氏の一万五千両の財宝の在処を示していた。

●泰の山の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=温泉郡中島町
【背景】=中島町大浦と畑里の境にある泰の山城が小早川隆景に滅ぼされ この時に城方が財宝を城中に埋めたとの言い伝え。「朝日さす夕日の 照らす榎木の下に金一貫五百匁」という書き付けも発見されている。

●釜木の埋蔵金
【埋蔵額】=四十九の壺に入った小判
【埋蔵者】=海賊おのごろ
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=西宇和郡三崎町
【背景】=三崎町釜木に残る海賊の埋蔵金伝説。親分おのごろが捕まり 処刑される直前に「釜木の奥のおのごろ的立畑の向ぐらい木を植えて くそたれた、むくのこらげにしりのごた、いらば掘って取らしゃれ」。

●丹原町の渡来銭
【埋蔵額】=渡来銭一万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=江戸時代
【埋蔵地】=松山市丹原町
【背景】=丹原町徳能の旧家の納屋跡から千年以上も昔の古銭を含む 渡来銭ばかり一万枚が発掘された。一七代続く旧家で、寛文十年の 徳川幕府による「渡来銭の流通禁止令」により通貨としての価値を 失ったため埋蔵したと思われる。


●平家落人の埋蔵金
【埋蔵額】=軍資金
【埋蔵者】=平家落人
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=須崎市上分
【背景】=瀬戸内海各地に残る平家落人伝説だが、高知にもその平家の 落人たちの伝説が残っている。床鍋に向かっていた平家落人が道を 間違え上分銭神石の洞窟に軍資金を埋めたというもの。

●加久見左衛門の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=加久見左衛門
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=土佐清水市加久見
【背景】=関白一条教房の外縁である加久見氏。その加久見氏の城跡に 相対する位置にある多倉山に埋蔵金伝説が残っている。

●野根七郎の埋蔵金
【埋蔵額】=小判千両
【埋蔵者】=野根七郎
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=安芸郡東洋町
【背景】=地方の豪族、野根氏が残したという財宝。野根愛宕場の周辺 あるいは天満寺。「朝日さし夕日輝く征木のもとに小判千両有明の月」。

●弥六の埋蔵金
【埋蔵額】=財宝
【埋蔵者】=盗賊弥六
【埋蔵時期】=明治時代初期
【埋蔵地】=安芸郡東洋町
【背景】=幕末から明治にかけ話題になった盗賊、弥六が残した埋蔵金。 東洋町の野根真砂瀬の牛ヶ石、馬ヶ石か東洋町甲浦か。「九里いて 九里きて九里かえる、旭かがやく白い椿の咲く丘に」の言い伝え。

●平田の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭八千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=宿毛市平田町
【背景】=平田町戸内から開元通宝や永楽通宝など古銭三十種、八千枚が 発見されている。

●久万西山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭七万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=高知市久万西山
【背景】=至大通宝など古銭五十五種、七万枚を発見。

|

◎九州地方の埋蔵金

Kyusyu


●天草四郎の埋蔵金(熊本県)
【埋蔵額】=六キロの黄金の十字架
【埋蔵者】=天草四郎
【埋蔵時期】=寛永年間
【埋蔵地】=天草郡下島本渡
【背景】=キリシタン弾圧による寛永十四年の島原の乱で、原城に立て 籠もった一揆軍のリーダー、天草四郎。二ヶ月を越す長期戦でついに勇猛 果敢な戦いを示した一揆軍も落城覚悟。その際、四郎は女、子供、そして 老人を密かに天草に帰すことを決意。同時に軍資金など、すべての財宝を 隠してキリシタンの子孫に残すことにしたのだ。
六キロの黄金の十字架、 金銀製燭台二十基、南蛮塗りの宝石をちりばめた王冠、そして大判小判。
財宝の守り役として選ばれた小山田慶信が後に埋蔵地を表すと思われる 書き付けを残し失踪。そこには大きな目印となる三角池が描かれていた。 そして上島から出た十字架に「さんしゃる二 こんたろす五 くさぐさの でうすのたからしずめしずむる」の文字。内野河の源流が三角池か。

●伊藤小左衛門の埋蔵金(長崎県)
【埋蔵額】=二百五十万両以上
【埋蔵者】=伊藤小左衛門
【埋蔵時期】=寛文年間
【埋蔵地】=壱岐郡壱岐島
【背景】=筑前粕屋郡の貧農から身を起こし当代の豪商にのし上がった 小左衛門。個人で小判を吹くほどの勢いを、さらに二代目の小左衛門が 盛り上げた裏には、回船問屋の顔と、海賊という裏の顔があったという。
その裏家業で稼いだ財宝の隠し場所が壱岐島だったという。そして黒田藩 に小左衛門が捕らえられた時の没収額が二百五十万両。当然裏の財宝は それ以上は確実で、懸命の黒田藩の追求にもとうとう黙りを決めたまま 冥土の土産、と道連れにした小左衛門だった。
だが、これだけの埋蔵金 情報が漏れないはずはなく、生き残った部下の久三郎という男が一部を 掘り出し贅沢三昧。その息子に伝わった秘密の場所も、思いもかけない 恐怖の出来事で、埋蔵金には近寄らなくなったという。そして小左衛門の の宝はそのまま現代に残るというのだが。

●キャプテン・キッドの埋蔵金(鹿児島県)
【埋蔵額】=一億ドル
【埋蔵者】=キャプテン・キッド
【埋蔵時期】=一七〇〇年頃
【埋蔵地】=奄美大島十島村宝島
【背景】=キャプテンキッドに宝島、とまるで海外の埋蔵金のようだが 実は日本を背景にしたもの。
ことの起こりは昭和十二年「日本東京、日本 領事館」宛で「コネチカット州サウシントン市米国探偵家秘密情報員」 から届いた一通の郵便であった。
「この地図は一七〇〇年頃キッド自身が 書き残した記録の写し……」で始まる内容は実に荒唐無稽と言うもの。 そこにはなんと、海賊キッドが東シナ海で稼いだ財宝を南西諸島の宝島に 埋めたというのだ。夢のような内容だがこれが新聞報道されるや南の島は 空前の宝探しブームにわいた。
「宝のある場所は、死の谷と名付けられる 窪地、活火山から噴出する有毒ガスが常によどんでいる」宝島では東側の 経ヶ峰が当てはまる、そして鍾乳洞の洞窟もあり絶好の場所。しかし、 何度かのブームによる宝探しが行われたが発見したという情報はない。


●善徳長者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=善徳長者
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大牟田市大字勝立
【背景】=「旭さす夕日てりこむ木の下に油千杯朱千杯座頭の杖の飛ぶ 飛ばぬ」の言い伝えとともに善徳長者の埋蔵金伝説が残っている。

●芦屋海岸の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭八千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=遠賀郡芦屋町
【背景】=芦屋町幸町の海水浴場で昭和五十三年頃から中国銭が見つかる ようになり、人々が探した結果、唐時代の開元通宝から明治の十銭銀貨 まであわせて八千枚あまりが収集された。

●良成親王の埋蔵金
【埋蔵額】=黄金千枚ほか
【埋蔵者】=親王側近
【埋蔵時期】=南北朝時代後
【埋蔵地】=八女郡矢部町
【背景】=南北朝時代に懐良親王のあとを継いだ良成親王が合一後も これを受け入れず当地で没したが残った側近たちが南朝方の軍資金を 埋蔵したというもの。良成親王の陵墓付近と大塚山といわれている。

●奈良時代の飾り玉
【埋蔵額】=黄金の飾り玉
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=奈良時代
【埋蔵地】=小郡市
【背景】=奈良時代の住居跡などを発掘中の干潟遺跡から純金製の飾り玉が 発見された。直径約8mmの球体で、文様などからペルシャ等、シルクロードを 運ばれてきたものと推測される。


●蒜美禰の埋蔵金
【埋蔵額】=二万両
【埋蔵者】=山田屋の娘玉野
【埋蔵時期】=延宝年間
【埋蔵地】=伊万里市立花町
【背景】=伊万里の藩邸の勤めに出た山田屋の娘玉野はめでたく殿の子を 産んで“蒜美禰の局”となり宿下がりとなったが、母子ともにはやりの病で なくなってしまた。藩からの二万両を屋敷の庭に埋めたという。

●波多家の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=波多家家臣
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=東松浦郡北波多村
【背景】=朝鮮の役で加藤清正の配下として戦った波多家だが、策謀に より頭首配流、所領没収の憂き目を見た家臣がお家再興を願って埋蔵。 岸岳の「姫落としの抜け穴」には怨念がこもっているという。


●バルチック艦隊の埋蔵金
【埋蔵額】=財宝
【埋蔵者】=ロシア・バルチック艦隊
【埋蔵時期】=日露戦争時
【埋蔵地】=上県郡上対馬町琴村沖
【背景】=日本近海の海底の黄金の代名詞のように言われるナヒモフ号や イルティッシュ号のバルチック艦隊の沈没船。たびたび引き揚げ計画が 話題になるが、引き上げ自体にも数十億単位の金がかかる一大事業。

●デウス号の埋蔵金
【埋蔵額】=白銀二千六百貫
【埋蔵者】=貿易船デウス号
【埋蔵時期】=慶長年間
【埋蔵地】=長崎市長崎港口
【背景】=ポルトガル貿易船、デウス号が有馬晴信との三日に及ぶ戦いで 火災を起こし、ペッソア提督自ら火薬庫に火を放ち沈没した。徳川時代に 何回か引き上げが実行されたが八百貫程度しか回収されていないという。


●阿蘇の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭一万五千枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=十六世紀前半
【埋蔵地】=阿蘇郡一の宮町
【背景】=平成元年、一の宮町北坂梨の耕地で瓶を発見。明銭の洪武通宝 や永楽通宝、開元通宝など四十種、合計一万五千枚の銅銭がでてきた。

●合志町の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭三万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】=天保年間
【埋蔵地】=菊池郡合志町
【背景】=昭和六十一年、合志町栄で農家の床下から古銭が大量に出現。 寛永通宝や仙台通宝、開元通宝などが混ざってその数なんと三万枚。

●琳聖太子の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=琳聖太子
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=八代市龍峰
【背景】=この地は百済から来た琳聖太子にまつわる逸話が多いが龍峰山 には琳聖太子がつれてきたという猫の墓があり、ここに埋蔵金伝説あり。

●黒峰山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭千五百枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=上益城郡清和村
【背景】=昭和五十五年清和村大字鎌野で遠足の小学生が黒峰山参道近く から大量の古銭を発見。和同開珎、万年通宝など十二種、千五百枚収集。


●大友宋麟の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=大友宋麟
【埋蔵時期】
【埋蔵地1】=別府市四極城跡
【埋蔵地2】=大分市府内城跡
【埋蔵地3】=臼杵市臼杵城跡
【背景】=南蛮貿易で巨万の富を得た大友宋麟。その富を埋蔵したという のだが、最も有望視されるのは難攻不落とされた四極城で四つに分けて 埋蔵そのうち三つは軍資金に使い、一つは発掘され、府内城のものも城の 手入れ中に発見。臼杵城は地形変化で海中に没したと見られている。

●すみ焼き小五郎の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=小五郎
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=臼杵市
【背景】=炭焼き師から立身出世し長者となった小五郎が子孫のためと 財宝を埋蔵したといわれる。

●平家落ち武者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=玖珠郡九重町
【背景】=各地に平家落ち武者の伝説が残っているが鹿児島県の内之浦 同様に、平家軍資金として九重町大字松木にも埋蔵金伝説が残されてる。 平家山と呼ばれる山の向かいの山に埋蔵金を隠したという。


●坂本城の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭五万枚
【埋蔵者】=高千穂領主三田井氏
【埋蔵時期】=戦国時代
【埋蔵地】=西臼杵郡五ヶ瀬町
【背景】=五ヶ瀬町坂本に残っていた「城内をくまなく調べよ。朝日が いちばん早くさし、夕日がいちばん遅くまで光を投げかけるその場所に 財宝の壺が眠っている」の言葉通り城跡から、開元通宝など五十三種の 古銭が昭和三十二年に発見されている。

●石櫃山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭十二万枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=日向市塩見
【背景】=昭和五十三年、塩見の石櫃山を削っていた造園業者が三百キロ の古銭を発見。開元通宝、大定通宝など十二万枚と、日本で三番目の量。

●浦城水軍の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=松永義清
【埋蔵時期】=中世
【埋蔵地】=延岡市
【背景】=伊予の海賊河野党の一派で日豊海岸の浦城を根城に日向灘を 制していた水軍の親分、松永義清が大友宗麟によって滅ぼされたとき 再興を期して「オオヤ千軒」に軍資金を埋蔵したという。


●平家落ち武者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】=山野孫兵衛
【埋蔵時期】=寿永年間
【埋蔵地】=肝属郡佐多町
【背景】=敗色の濃い平家の婦女子を連れて落ち延びた山野孫兵衛らが 船で暴風に流された果てにだとりついたのが佐多岬であった。佐多岬の 外の浦に「わが子孫の窮する時は墓を掘れ」の埋蔵金伝説がある。

●平家落ち武者の埋蔵金
【埋蔵額】
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=阿久根市赤瀬川桑島
【背景】=同じ平家落ち武者でもこちらは壇ノ浦から流れてきた一家が 海賊に会い、船もろとも大量の金とともに沈んだという埋蔵金伝説だ。

●ソンナキの山の埋蔵金
【埋蔵額】=古銭六千二百十五枚
【埋蔵者】
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=大島郡天城町
【背景】=昭和四十四年、天城町松原の通称ソンナキの山の採石場から 重量十八キロの古銭六千二百十五枚が発見された。


●雨宮部隊の埋蔵金
【埋蔵額】=金塊
【埋蔵者】=雨宮部隊
【埋蔵時期】=昭和二十年
【埋蔵地】=島尻郡南風原町
【背景】=満州から金塊を持って転進してきた雨宮部隊が沖縄決戦を前に 金塊を喜屋武部落の山をくりぬいた地下十五メートルの野戦病院の廊下に 埋めたというもの。

●キャプテン・キッドの埋宝
【埋蔵額】=金銀、宝石
【埋蔵者】=キャプテン・キッド
【埋蔵時期】
【埋蔵地】=八重山郡西表島
【背景】=沖縄にもキャプテン・キッドの埋宝説がある。キッドが残したという島の地図が西表島にそっくりという根拠で。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »