« 『銭の考古学』 | トップページ | 『幕末の深い眠りから覚めるか 幕府の埋蔵金』 »

2010年9月23日 (木)

『モーセの秘宝を追え!』

<ハワード・ブルム著 篠原慎訳/角川書店/税別819円/2002年8月25日初版発行/ISBN4-04-290801-2>

 ちょっと異色なタイトルをご紹介。題名を見てピンと来る方もいらっしゃるのでしょうが、なんと「聖書」のモーセ(昔はモーゼといってたような!?)の“出エジプト記”に関連するお宝を追いかけた書なのです。
 え、フィクションも扱うの?いえいえ、決してフィクションではありません。聖書の記載を追って、実際にシナイ山を探検したノンフィクションなのです。し かも従来“通説”とされていたシナイ半島のシナイ山は間違いで、実はサウジアラビアにあるラウズ山こそ真のシナイ山である、という最近の研究を実証しよう としている。多くの真実から聖書の記載を裏付けていく手法は、著者が元ニューヨーク・タイムズ記者というストーリーテラーならでは。たまにはこういった書籍で頭のリフレッシュをしてはいかがでしょう。
               
               

|

« 『銭の考古学』 | トップページ | 『幕末の深い眠りから覚めるか 幕府の埋蔵金』 »

■関連書籍紹介」カテゴリの記事