« 『図解 世界の財宝ミステリー』 | トップページ | 『廣済堂文庫 全国「隠し財宝」完全マップ』 »

2010年9月23日 (木)

『謎解き紀行 徳川埋蔵金 下 「会津の地に眠る一千万両発見」』

<山中廣稔著/随想舎/本体1800円+税/2009年10月25日第1刷発行/ISBN978-4-88748-166-4>

Nazotokikikou_2_s  皆様も子供のころからおなじみのはずの「かごめの歌」に、なんと徳川埋蔵金の秘密が隠されていた! という独自の説を展開したユニークな埋蔵金研究著書 『謎解き紀行 徳川埋蔵金 かごめの歌に隠された秘密』の下巻がこのほど発行された。(上巻の情報もこのページ下の方にあります)
 副題につけられた「会津の地に眠る一千万両発見」からも分かるとおり、いよいよ具体的な埋蔵場所の謎解きが展開される下巻ですが、独自の山中ワールドは今回もとどまるところを知らず。興味深い“研究”の数々が紹介されていますが、その中でも上巻の「かごめの歌」同様にキーワードとなっているのが「会津磐 梯山の歌」と「小原庄助さんの歌」なのだという。
 ちなみに謎解きの紀行は「岡崎城と徳川家康の謎」に始まり、「駿府城に秘められた謎」「久能山東照宮に込められた謎」「川越喜多院に秘められた謎」「江戸城に秘められた謎」「北斗第六星・水戸城の謎」「日光東照宮の謎」「天海上人の眠る慈眼堂の謎」「家光公の眠る大猷院の謎」「北斗の道第八、会津の謎」 と続き、著者の謎解きを追いかけるだけでも充分に楽しめる内容かもしれない。
 もちろん、謎解きに賛同するも良し、逆に自分なりの解釈で検証するも良し。それは「今後、読者の中から新たな謎解きに挑む方が現れ、これからの物語の解釈を次の段階に発展させてくれるであろうことを心から願っています」と言う著者の山中さんの本望でもあるはず。
 ご一読を。

|

« 『図解 世界の財宝ミステリー』 | トップページ | 『廣済堂文庫 全国「隠し財宝」完全マップ』 »

■関連書籍紹介」カテゴリの記事