« 2009年1月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月15日 (金)

深溝松平家当主の墓から小判43枚、一分金117枚ほか発掘。

 埋蔵金発掘のニュースではないが、愛知県の深溝(ふこうず)松平家の第7代当主だった松平忠雄の墓所から、小判43枚、一分金117枚他が発見されたというニュースが入っている。いわゆる“副葬品”というものだ。

 出土したのは額田郡幸田町深溝の本光寺で、発掘にあたった本光寺深溝松平家東御廟所調査会が5月14日に発表した資料によれば、慶長小判など小判が43枚、享保、正徳などの一分金が117枚、それに飾り太刀が一振り、太刀二振り、石帯一本、手鏡一面、眼鏡一個、金属椀一客。さらには西洋グラス一客、蒔絵印籠六セット、蒔絵化粧道具箱一式、香道具一式、煙草道具、陶磁器二客、銀製ポットなど文化財として貴重な品々も出てきたという。

 本光寺は、深溝松平家初代から19代までの当主の菩提寺となっている。今回発掘されたのはその深溝松平家の7代目の当主で島原藩の藩主も務めた松平忠雄(1673~1736)の墓所。2008年8月末の豪雨で忠雄の墓石が傾き、2009年3月から修復へ向けて事前調査を行っていたという。

 墓所は地下約3.5メートルに掘られた石室があり、その中に木棺を収め、墓誌が刻まれた平石で蓋をされていたという。石室の広さは約1.5メートル四方、深さ1.3メートルほど。小判や一分金はこのうちの木棺の中から、そして木棺の周りにグラスなどの様々な品が埋葬されていた。ちなみに副葬品として小判など金貨が確認された例では、盛岡の南部家の墓所からの12枚、仙台の伊達家の墓所からの10枚というこれまでの記録を抜いて過去最高なのだとか。三途の川の渡り賃なら六文銭で充分だが、大名ともなれば…海外の墓荒らしの横行が莫大な副葬品にあったことを考えると、意外に少ない気もする。日本人の埋葬に対する意識の調査にも役立ちそう。

--2009年5月15日

|

2009年5月 5日 (火)

『図解 世界の財宝ミステリー』が発行されてました。

 副題が『徳川埋蔵金からソロモン王の聖櫃まで』とあるように、日本国内の有名な埋蔵金どころから、世界中の埋もれた財宝ポイントの数々を、分かり易い図版、地図、写真等を駆使して解説したいわゆる“入門書”が発行された。
 書名は『図解 世界の財宝ミステリー』。発刊からちょっと日にちが経ってしまいましたが、やっと時間が取れたのでご紹介。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年6月 »