« ちょっと大げさじゃありません!? でもホントなら、かなり気になるニュース!! | トップページ | ちょっとコーヒーブレーク。 »

2000年1月30日 (日)

一応ご紹介。'99年末に発行されたいわゆる(!?)「入門書」

 2000年は年明けと同時にちょっと気になるニュースで揺れたこの業界(!?)ですが、皆様の作業は、はかどっておられるでしょうか。で、さっそくですが新刊本のニュースをひとつ。
 ちょっと気乗り薄なのですが、一応関連書籍には変わりないので紹介しておきます。
 それは、1999年の12月8日に同文書院から発行された『埋蔵金の掘り当て方』(非日常研究会著)というもので、同社の「非日常実用講座」というシリーズものの第18弾です。同社からは『図解財宝発掘マニュアル』(時實雅信著/1300円+税)という書籍も、1998年の12月に出ているのでご存じの方は多いかもしれませんが、それとはまたちょっと違った「入門書」。「入門って何?」といわれそうですが、これから始めようと言う方に対するガイドとしての存在というところでしょうか。
 ただ、先発の『図解財宝発掘マニュアル』がけっこう「まじめ」なガイドに徹していたのに対して、こちらはちょっと斜めに構えている部分あり、という感じです。
 それと、タイトルは『埋蔵金の掘り当て方』ですが、埋蔵金関連は224ページ中76ページ(しかもそのうち半分近くは沈船関係)で、その他は、「恐竜化石の掘り当て方」「古代遺跡の掘り当て方」「金鉱脈の掘り当て方」「油田の掘り当て方」「井戸・温泉の掘り当て方」「新星の見つけ方」となっている。
 まあ、ここまで書けば内容は推して知るべしでしょう。一応ご参考までに。

|

« ちょっと大げさじゃありません!? でもホントなら、かなり気になるニュース!! | トップページ | ちょっとコーヒーブレーク。 »

■埋蔵金ニュース」カテゴリの記事