« 1997年5月 | トップページ | 1997年7月 »

1997年6月

1997年6月26日 (木)

山下財宝を追っている方から当ホームページ当てにFAXが届きました。

 その内容は、
「求む、スポンサー
私は、山下財宝を探しているトレジャーハンターです。1995年12月に日本軍の書いた地図手書きのコピーを入手しましたので、その地図を元に探索した所、やっと入り口を発見、暗号を解読したものの、トンネル内に爆弾、又は毒ガスが仕掛けてある為、うかつには掘れませんので、このたびスポンサーを公募したいと思います。費用は約2,500万円前後です。スポンサーは1名又は1グループのみです。
山下プロジェクト」
というFAXなのだ。

 山下財宝といえばいわずとしれた、例の旧日本軍がアジア各地に埋蔵したといわれる財宝。あのマルコス氏の膨大な資産の基となったとか、いまでも多くの方々が追い求めていることなどで海外の埋蔵金では一番身近(!?)ともいえるもの。
 わずか50年ちょっと前の出来事だから、まだ現地には当時の状況を実際に目の当たりにした関係者などが残っているというほどの”ホット”な埋蔵金。
 その埋蔵金探しのスポンサーを募集したいというもの。2,500万円ほどの”はした金”をお持ちの方、はたまた、こりゃ番組に出来そうというプロデューサーの方、などなど、興味を持たれた方は連絡してみては。
 ちなみに真偽のほどは当方も全く分かりません。直接ご当人同士連絡していただいて、その上でご自分の責任においてご判断ください。(メールいただければ転送いたします)
 無責任かもしれませんが、埋蔵金に関する情報に「絶対」はありません。また、同様に多くの「ガセ」の存在することも確かです。それを自分で判断するのも埋蔵金探しです。
 埋蔵金探しは“大人”の知的なゲームです。(生活になってらっしゃる方もいるようですが)あくまでリスクもご自分で。

|

« 1997年5月 | トップページ | 1997年7月 »